人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

白麹菌に含まれる成分が美肌機能に関わる、ファンケル・キリンホールディングス共同研究

2020.05.25

根本的なアンチエイジング効果を発揮!今注目の白麹菌に含まれる成分「14-DHE」とは

キリンは自社が保有する「白麹菌」 に含まれるステロール類の「14-DHE」に、経口摂取で高い肌質の改善効果があることを確認している。

しかし、どのように肌に働くかというメカニズムは未解明だった。そこで、この「14-DHE」の肌質改善に関するメカニズムの解明と皮膚への効果を視野に入れてファンケルと共同研究を開始。

そして、白麹菌に含まれる成分「14-DHE」が、美肌機能に関わるタンパク「アルギナーゼ1」の活性を高めることを発見した。研究結果を詳しく見ていこう。

ファンケルは、従来から皮膚表面に多く存在する「アルギナーゼ1」が、角層の保湿機能や肌の酸化、糖化の制御に関わり、肌の明るさやシワなど美肌に導く重要なタンパクであることを確認している(図1、2)。このタンパクに着目し、「14-DHE」を評価した。

白麹菌の菌体抽出物から精製された「14-DHE」を、培養したヒト表皮角化細胞に添加し、「アルギナーゼ1」の酵素活性を測定。その結果、「14-DHE」を添加していない細胞のコントロールと比較して「14-DHE」を添加した細胞は、「アルギナーゼ1」の高い活性を確認した(図3)。

これにより、「14-DHE」は美肌タンパクの「アルギナーゼ1」を活性化させる働きがあることが分かりました。「アルギナーゼ1」は、皮膚の保湿機能、酸化や糖化を制御する機能など、老化による皮膚機能の低下を正常化する働きがあり、美肌タンパクと言われている。「アルギナーゼ1」の活性化が進むと、美容機能が高まり美肌効果が大いに期待できる。

「14-DHE」は、「アルギナーゼ1」の活性を高めることで従来の対処的なエイジングケアではなく、肌に対して根本的なアンチエイジング効果のあるオールマイティーな成分として期待できる。

今後は「14-DHE」の機能研究をさらに進め、アンチエイジング機能を期待して中高年向けの化粧品や日やけ止めなど幅広い製品への応用を検討するとともに、ファンケルの2021年の主力化粧品のリニューアルに使用する予定だ。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。