人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全天候型の機能性とオンオフ兼用で使えるデザイン性を追求したジョセフ チーニーの革靴「ケンゴン Ⅱ R」

2020.05.14

オンオフ兼用で活躍する『CAIRNGORM Ⅱ R』

オンオフ万能を追求したJOSEPH CHEANEYの“ケンゴン H”には、イギリスが誇るシューメーカーの職人技が至る所に隠れている。

渡辺産業の“BRITISH MADE”に、英国の老舗シューメーカーJOSEPH CHEANEYを代表するミリタリー・ダービーシューズ“CAIRNGORM Ⅱ R”がハイブリッド仕様で新登場。

全天候型の機能性は継承しながら、ラストやソールの変更など繊細なアップデートが加わることで、オンオフ兼用のビジネスシーンにも活躍できる端正なルックスを実現。さらに活躍の幅が広がりあらゆるワードローブで力を発揮する1足に生まれ変わった。

“ケンゴン H”のアッパーにはワークブーツなどにも多く採用されているChromexcel(クロムエクセル)レザーを採用。マットな質感のオイルド加工されたスムースレザーで、撥水性を有し、落ち着いた印象をコーディネートに与えてくれる。

クロムエクセルレザーはタンナーであるHorween(ホーウィン)社を代表するレザー。その歴史は100年以上前を遡り、今も変わらず89以上にも及ぶ工程を経て生産されている。

その製法は、厳選された原皮を“コンビなめし”という方法でなめし、牛脂、蜜蝋、植物性脂,魚脂など4種類以上の油脂をブレンドした特性のオイルを塗りこみ牛革に浸透させるというもの。オイルドコットンジャケット、ブライドルレザーといったコットンやレザーに油分を染み込ませ撥水性を施したアイテムのように、質実剛健で実用性に優れている。

ボリューム感がありながら、丸すぎない英国靴的らしいラウンドトゥのバランスのラスト175を採用。ドレスシューズに数多く採用されるジョセフ チーニーを代表的するラスト125と、程よいボリューム感で“AVON C(エイボン)”などのカントリーシューズに採用されるラスト12058のちょうど中間に位置する。

ベースとなる“ケンゴン Ⅱ R”に採用されているミリタリーラスト4436と比較すると、ドレッシーでいて絶妙なバランス。このキレイ目な木型に、踵に向かって落ちるVの字のレザー切り替えや、ダブルステッチといったミリタリー・カントリーを彷彿させるディテールワークが組み合わさっているのもポイントだろう。

“ケンゴン H”のソールには、イギリスのハルボロ・ラバー社が製造するダイナイトソールを採用。凹凸デザインは地面との接地面を少なくし、濡れた路面でもグリップ性をキープしてくれる雨の日にも気兼ねなく着用できる全天候型のソールだ。実用的でありながら、側面から見るとレザーソールのようなスマートな印象。ダブルソール仕様で重厚感もありながら、すっきりとしたルックスとなっている。

ウエルト(アッパーとアウトソールに縫い付ける細革)には360度オールアラウンドのストームウェルトを採用。独特な“ケンゴン Ⅱ R”のヴェルトショーンウェルトに対し、控えめながらも、防水防塵性を高めてくれるストームウェルトは、カントリーシューズに多く見受けられる仕様の1つ。イギリスのカントリーテイストを程良く演出している。

モデル:CAIRNGORM H / ケンゴン H
カラー展開:BLACK
サイズ展開:UK 5.5(約24.0cm)~UK 8.0(約26.5cm)
※メンズサイズのみの展開。
素材:クロムエクセルレザー
ソール:ダイナイトソール
価格:¥71,000+税

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。