人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住まいを探す時にこだわりたい防災設備TOP3、3位自動火災報知設備、2位雨戸・シャッター、1位は?

2020.05.14

災害は待ってくれない。これだけ社会が混乱している今でさえ、容赦なく発生する可能性がある。だからこそ、十分に備えておくことが大切なわけだが、実際のところ、災害対策をしている人はどれくらいいるのだろうか?

そこで今回、全国の20~50代の男女を対象にした災害に関するアンケート調査が実施された。さらに、賃貸物件を取り扱う全国のアットホーム加盟店を対象に、入居希望者に災害リスクを説明しているか尋ねる調査も行われたので、それぞれの結果を紹介していきたい。

2018~2019年に防災意識が高まった70.0%

地震や台風など災害が多かった2018~2019年にかけて「防災意識が高まった」と回答した人は70.0%だった。

男女別で見ると、女性の方が 13.9 ポイント多いという結果に。また、防災意識が高まったと回答した人にどんな災害対策を行ったのか尋ねる調査が行われたところ、「水や食料品を備蓄した」と「ハザードマップなど災害に関する情報を調べた」がそれぞれ半数を超えた。

ハザードマップを知っている82.5%、 ハザードマップを見たことがある75.5%

「ハザードマップを知っている」と回答した人は8割以上で、年代別で見ると、40代が最多という結果になった。一方、「ハザードマップを見たことがある」と回答した人は75.5%で、年代別で見ると50代 85.7とトップだった。20代はハザードマップの認知度は76.0%と低くないものの、実際に見たことがある人はそのうちの約6割だった。

ハザードマップを見たことがない理由 「どこで見られるのかが分からない」50.0%

ハザードマップを見たことがない人を対象に、その理由について尋ねる調査が行われたところ、「どこで見られるのかが分からない」という回答が最多だった。次いで、「調べるのが面倒」が41.7%と、調べることを手間に感じている人も多いようだ。

次の住まいを探す際は、防災を意識する75.5%

次の住まいを探す際に防災を意識するという人は75.5%だった。防災を意識して探す際にこだわりたい条件では、「築年数10年以内」「鉄筋系」「3階以上」に回答が集まった。設備では「雨戸・シャッター」「自動火災報知設備」などの回答も多く、内見時のチェックポイントになりそうだ。

入居希望者に災害リスクについて「必ず説明している」46.2%

賃貸物件を取り扱う不動産会社に、入居希望者に災害リスクについて説明した方が良いと思うか尋ねる調査が行われたところ、94.4%が「はい」と回答したが、実際に「災害リスクについて必ず説明している」という不動産会社は46.2%だった。

入居希望者に災害リスクに関する資料を渡している47.3%

入居希望者にハザードマップなどの災害リスクに関する資料を渡しているという不動産会社は、47.3%だった。約半数の不動産会社がハザードマップなどの資料を用意しているようだ。

<調査概要 消費者編>
●調査対象/現在、賃貸物件に住んでいて、住まい探しに関わったと回答した全国の20~50代の男女 計 416人
●調査方法/インターネットによるアンケート調査
●調査期間/2020年1月10日(金)~13日(月・祝)
●調査回答者(エリア内訳)/北海道地方 32人、東北地方 19人、関東地方 160人、中部地方 58人、近畿地方 86人、
中国・四国地方 29人、九州地方 32人

※小数第2位を四捨五入しているため、合計 100%にならない場合がある。

<調査概要 不動産会社編>
●調査対象/アットホームに加盟し、「賃貸仲介」「賃貸管理」「賃貸業」のいずれかを主業務としていると回答した全国の不動産会社874社
●調査方法/インターネットによるアンケート調査
●調査期間/2020年1月23日(木)~26 日(日)
※小数第2位を四捨五入しているため、合計100%にならない場合がある。

出典元:アットホーム株式会社
https://athome-inc.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。