人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

簡単でおいしい!材料を鍋に入れてレンジで5分加熱するだけの手作り焼きそば「エビス レンジで焼きそば」

2020.05.16

「エビス レンジで焼そば」を使って焼きそばを作ってみた!

【参考】「エビス レンジで焼そば」

オープン価格
(実勢価格約600円前後)

材料を入れて、電子レンジで加熱するだけで焼きそばが完成する調理器具があるのをご存じだろうか?

調理時間は、500Wに設定した電子レンジで約4分30秒、600Wなら約4分となっている。

二重構造で野菜の蒸気を利用して麺を加熱するため、油を使わずに調理できるのも魅力だ。

そこで、この「エビス レンジで焼そば」を使い、電子レンジの本格焼きそばは可能か? 試してみることにした。

今回使った食材は以下だ。

・焼きそば 1食分
・カット野菜 約50g
・豚肉 約50g

まずは、前もって洗っておいた容器にカット野菜を入れる。

カット野菜の上へ広げるように豚肉を乗せる。

二重構造になっている内蓋を乗せる。

内蓋の上に麺を乗せる。

500Wに設定した電子レンジで4分30秒加熱した様子がこちら。かなり熱くなっているので、火傷などしないようにミトンなどを使って取り出そう。

麺はややふっくらした状態。

内蓋をとって、麺と野菜を合わせて付属の液体ソースをよく絡めて混ぜる。もちろん、肉も野菜もしっかり加熱されている。

紅ショウガを乗せて試食してみると、普段よく食べる焼きそばそのものだ。油を使っていないので、さっぱりと食べられるのも魅力。

もし、こってりした味が好きな人は、天かすをトッピングしたり、加熱前に大さじ1杯ほどのオリーブオイルなどかけておくと良さそう。

調理した容器のまま、食べることができるのは洗い物が増えなくて大変便利だ。フライパンによっては、焼きそばなの麺などが焦げ付いて洗うのが面倒だったりすることもある。

「エビス レンジで焼そば」は洗って繰り返し使うことができる。ソースをタイ風のものに変えたり、具材をシーフードに変えたりなどして「タイ風焼きそば」などを作ってみたり、他のレシピを試してみても良いかもしれない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。