人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

美容師に聞いた「希望のヘアスタイル」のイメージが伝わりやすいオーダーの方法

2020.05.24

理想のヘアスタイルを叶えるオーダー方法

「前髪が短すぎる」「変化がない」「刈り上げすぎ」など、美容院で自分のイメージとは違うヘアスタイルにされたことのある人は多いはずだ。

美容師の技量不足はもちろんだが、自分のイメージをうまく伝えられていないことも考えられる。それでは理想のスタイルを叶えるオーダー方法とは?

今回、リッチメデイアは美容師に「なりたい髪型を叶える」理想のオーダー方法について調査を実施した。ポイントを抜粋して紹介しよう。

まず、良いスタイリストの選び方を聞いた結果、3つのポイントに分かれた。

①スタイリストの口コミを見る

口コミを見ることで、その人の「技術面以外のポイント」が見えてくる。カウンセリングに時間をかけるタイプなのか?施術中は話すのか、話さないのか?どんな年齢層のお客さんが多いのか?自分の要望をしっかり聞いてくれる人がどうか、話しやすいか見極めたほうがいいだろう。

②スタイリストの作るスタイルが、自分の好みと近いかどうか

③そのスタイリストが何を得意としているか

これは、特に意見が多かったポイント。今なら、Instagramで事前にスタイルを確認することができるので、事前に自分の好みを「得意分野」として押し出しているかは確認した方がよさそうだ。

スタイリストにイメージが伝わりやすいオーダーの仕方は?

ダントツで多かった意見は「なりたいイメージ写真を持ってきてほしい」。その時に大切なのは、できるだけたくさん多くイメージ写真を持っていくこと。またもう1つポイントとして上がったのは、スタイルを変える目的がなにかを伝えること。

「現状維持したい」「指定のスタイルにしたい」「イメチェンしたい」「似合う髪型を探したい」など、目的をしっかり伝えてもらうことがスタイリストにとっては大切だ。

来店する前にしておいてほしいこと

ほとんどは「特に無い」の意見が多数だったが、ひとつ意見として出たのは「なるべく素髪の状態を見たい」という点。自分の本来の髪の状態を見てもらう為にも、なるべくヘアケア剤・スタイリング剤などは使用せずにお店に行ったほうがいい。つけている場合は、「今オイルつけてます」のように伝えること。

施術途中でも言って欲しいこと

いざ施術が始まってから、「もう少し◯◯してほしいな…」「ここ気になるな…」など思ったことはないだろうか。

スタイリストとしては、そういう意見ほど実は話してほしいと思っているようだ。ある程度終わってから、こうしてほしいと言われても修正できないこともある。そうならないためにもどんどんオーダーしてみよう。

調査概要

調査期間:2020/1/24~2020/1/29
調査方法:アンケート
対象:美容師
サンプル数:n=30

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。