人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

非常事態宣言、夜間外出禁止令、酒類販売禁止、徹底したタイの新型コロナウィルス感染症対策に密着取材

2020.05.12

タイでは首都バンコクやその近県において、2020年3月22日より飲食店など集合施設に対する閉鎖命令が出た。3月26日には全土に緊急事態令が適用され、完全なロックダウンではないもの、罰則を伴う感染症対策を次々に打ち出してきた。

結果、3月22日には「188人」だった新規感染者が4月30日は「7人」にまで抑え込まれが、街の様子や生活はどのように変化したのか。現地に20年以上暮らしている日本人経営者に話を聞いた。

非常事態令と感染症対策

タイの非常事態令は当初1か月の予定だったが、後に5月末まで延長されている。その内容を簡単にご紹介すると、

・国内全てのムエタイ競技場、酒場、飲食店など集合施設の閉鎖

・航空機、船舶、車両などの出入国地点を閉鎖

・買いだめ禁止

・集会の禁止

・虚偽や人を恐れさせる情報の流布を禁止

4月2日には、22時から翌4時までの時間帯を対象とする夜間外出禁止令を発出。翌日より適用。→後に5月末までに延長。

4月9日になると、バンコク都知事が4月10日から20日までの酒類販売禁止を発表。→後に全土に適用され、5月末まで延長を発表するも、翌日撤回。5月3日より販売のみ認めることになった。(店内での飲酒は認められない)

タイのブランデー、リージェンシー

休業命令で従業員全員を自宅待機に

お話を聞いたのは、なえぎタイランド株式会社社長の中村蒸一さん。大学卒業後、NGOの教育支援でタイにやってきて早20年以上。裸一貫で居酒屋を始め、今ではバンコクを中心に4店舗を展開。輸入食材店も経営している実業家だ。

中村蒸一さん。スクンビット ソイ47(レインヒル3F)の九州酒場どんたくにて

店は日本人駐在員をはじめ、現地タイ人の顧客も多く、いつも賑わっていた。ところが今回の新型コロナウイルスの問題で、2020年3月22日より閉鎖命令が出てしまった。前日に発表したら即実行の素早さだった。

テイクアウトのお弁当は売っても構わないとのお達しもあったが、飲食店が乱立するバンコクにおいて、そうそう売れるものではない。また、従業員を出社させる=安全確保と感染予防に不安があるとの判断から、全員休業の措置を取り、現在も続いている。

非常事態令後はバンコク各所でフードデリバリーやテイクアウトの看板が掲げられた

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。