人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性1000人に聞いたなりたい顔ランキング、3位深田恭子、2位石原さとみ、1位は?

2020.05.07

女性が感じる「顔のコンプレックス」/「有名人でなりたい顔」

「目が小さい」「鼻が低い」「おでこが狭い」「あごがない」など…人から見たら全然そうは見えなくても、自分の顔にコンプレックスを感じてしまう人は多い。

今回、アイシービーが女性1,124人に「顔のコンプレックス」に関する調査を実施したところ、自分の顔にコンプレックスを抱いている女性は約8割と判明した。

「どのようなところにコンプレックスを感じていますか?」と質問したところ、『鼻(27.9%)』と『目(27.8%)』がほぼ同数となり、次いで『口(11.7%)』『頬(9.8%)』『あご(6.9%)』と続いている。

気づき(気になり)始めた時期としては思春期を迎える小学生頃~中学生頃にかけてが多い。

では、コンプレックスに対してどのような対策をしているのか。

「コンプレックスを解消する方法を教えてください」と質問したところ、『メイク(65.8%)』が最も多い結果となった。

現代のメイクはさまざまな手法が確立されており、コンプレックスのある部分をカバーしたり、自信のある部分を強調させたりすることも、比較的手軽に実践できる。

しかし、「コンプレックスは解消されましたか?」と質問したところ、7割以上の方が『解消されなかった』というカテゴリを選択したことから、根本的な部分から変えたいということがわかる。

「コンプレックスが解消された結果、身の回りに起こった変化を教えてください」と質問したところ、

・モテるようになり、かわいいと言われることが増えた(20代/会社員/東京都)

・自信が持てるようになって、内向的だった性格が少し社交的になった(20代/会社員/宮城県)

・自分自身が積極的になって、周りの友達に誘ってもらえるようになった(40代/専業主婦/静岡県)

・外出が多くなり積極的になった(50代/パート・アルバイト/福岡県)

上記のような意見が挙がり、美意識の高い女性は現状で満足することなく、常に自身の美を追求し続けていくということなのだろう。

最後に「有名人でなりたい顔を教えてください」と質問したところ、『北川景子』『石原さとみ』『深田恭子』といった美しい女優の名前を挙げる方が多いという結果になった。

「顔のコンプレックス」に関する意識調査

調査日:2020年1月9日(木)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,124人
調査対象:自分の顔にコンプレックスを抱えている20代~50代の女性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。