人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電動アシスト自転車専門店で昨年売れたタイプ別の人気車種ランキング

2020.05.09

ママチャリ、小径車、スポーツなど「電動アシスト自転車」にはさまざまな種類があるが、種類別で最も売れている自転車とは? 

今回、電動アシスト自転車専門店モトベロは「2019年の電動アシスト自転車販売ランキング」を発表した。

電動アシスト自転車専門店モトベロ「2019年間販売ランキング」

今回は5つのカテゴリーのランキングを見てみよう。

【子供乗せ車】お子様をチャイルドシートに乗せ使用するタイプの車両

【小径車】20インチタイヤを中心とした、日常使いをメインにした車両

【軽快車】26インチタイヤを中心とした、俗にいうママチャリタイプの車両

【スポーツ】スポーツタイプのフレームで、日常使いや通勤・通学などに利用する車両

【プレミアム】高価格帯でありデザインに優れたタイプや、昨今注目のスポーツe-bikeタイプ

子供乗せ車 

1位、『bikke POLAR e(BRIDGESTONE)』 は、昨年に続き1位を獲得。

2019年モデルの新色『ソフトカーキ』が好調を牽引。同ジャンルは、販売商品が多いため、1位~10位を発表。

小径車

昨年に続き1位は『CITY-C(YAMAHA)』。老若男女問わず安定的な人気。『EZ(Panasonic)』は1位に対し、ごく僅差ながら2位。こちらも当社では根強く人気車。

軽快車

d16139-8-554148-3.jpg

1位『TIMO S(Panasonic)』が昨年1位の『Mina(YAMAHA)』を抑えて首位。一人乗りの買い物、通勤需要に加え、学生の通学需要にも対応する1台。

スポーツ

初めて電動アシスト車に乗る人、2台目として利用するなど、幅広い人から評価頂く1台。低価格ながら、ライト、泥除けが標準装備など十分なスペックも評価ポイント。同シリーズで700Cサイズのタイヤを装着したモデルも4位にランクイン。

プレミアム

1位『PSA1(BESV)』は、昨年に引き続き。スタイリッシュなデザインが特徴の1台。2位から4位まではデイトナの車両が続く。こちらも電動車とは思えないスタイリッシュなデザインが人気。

年間ランキング概要

集計期間:2019年1月1日~12月31日
集計対象:モトベロ全店(代官山・二子玉川・湘南・星が丘、枚方、広島)

備考:集計期間中に、マイナーチェンジしたモデルについては同一モデルとして合算集計し、車種名は2019年1月24日現在での名称で記載。また、1月24日現在廃盤となっている車両も含まれている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。