人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ上がらない?一般道路での後席シートベルト着用率はいまだ4割

2020.05.05

後席での「シートベルト着用」の重要性

まず最初にこの写真を見ていただきたい。

シートベルト非着用の後席ダミーがシートごと運転席ダミーを押しつぶしている。後席ダミーは運転席側でシートベルト非着用、助手席側でシートベルト着用。

2008年に後席でのシートベルト着用が義務化されてから10年以上が経過した。しかし、JAFの「シートベルト着用状況全国調査」により、依然として後席は他の座席と比べて着用率が大幅に低く、ほぼ横ばいで推移していることが明らかになった。

全国886箇所で調査したところ、後部座席(以下、後席)でのシートベルト着用率は、一般道路で39.2%(前年比1.2ポイント増)と2002年の合同調査開始以来、過去最高に。また、高速道路で74.1%(前年比0.1ポイント減)。

一方で、運転席の着用率は一般道路で98.8%(前年と同じ)、高速道路等で99.6%(前年と同じ)、助手席においてもそれぞれ90%を超える結果となった。

JAFは交通事故の際、後部座席でシートベルトをしていないと発生する3つの危険性を紹介している。

1 車内の構造物(ピラーやシートなど)に激突し、自らが傷害を負う危険性

2 運転者や助手席同乗者へぶつかり、危害を加える危険性

3 窓などから車外に放出される危険性

現在の着用状況や2016年に実施した「後席シートベルトに関するアンケート調査」の結果を受け、JAFでは「いのちをつなぐ一本がある」をテーマに特設サイトを公開している。気になった方は関連情報をチェックしてほしい。

関連情報/https://jaf.or.jp/common/safety-drive/protect-life/rearseat

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。