人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホでのECサイト利用、応答速度が遅いと「5秒未満」でも3割以上が離脱

2020.05.04

スマホでのEC利用時に応答速度が遅いと「5秒未満」でも36.4%が離脱

外出自粛のストレスを「ネットショッピング」で発散している人は少なくないだろう。今回チェックしたいのは「ECサイト」に関する調査。利用者数が伸びやすい年末のECサイトランキング、EC利用時の応答速度に関する結果を紹介したい。

Marketing Research Campが17歳~69歳の男女1,100名を対象にした調査によると、年末の大手ECセールで、最も多くの人に利用されたのは「楽天スーパーSALE」だった。次いで「Amazon Cyber Monday」(45.0%)、「Yahoo!ショッピング年末感謝セール」(25.1%)。

認知者のうち、実際に購入した人の割合が最も高かったのは「楽天スーパーSALE」(41.8%)、次いで「Yahoo!ショッピング年末感謝セール」(36.6%)、「Amazon Cyber Monday」(34.5%)。

また、スマートフォンからECを利用する人のうち、購入意向があったにも関わらず、ECサイトまたはECアプリの応答速度が遅く、タップしても反応しない、ページが遷移しないといった理由から離脱したことが「頻繁にある」人は13.4%、「ときどきある」人は44.1%。あわせて57.5%もの人に経験があることがわかる。

経験がある人の割合を年代別に見てみると、10代(59.0%)、20代(67.0%)、30代(64.5%)、40代(58.5%)、50代(44.3%)、60代(37.0%)。20代と30代の6割以上に、応答速度の遅さを理由に離脱した経験があることがわかった。

スマートフォンからのEC利用時、ECサイトやECアプリの応答速度の遅さが原因で離脱した経験がある人に、離脱したときの平均的な時間を聞いたところ、「1秒未満」と回答した人は2.9%、「1~2秒未満」の人は6.1%、「2~3秒未満」の人は9.0%、「3~5秒未満」の人は18.4%。

ECサイトやECアプリが反応しなくなってから5秒未満であっても、36.4%もの人が離脱していることがわかった。なお、「5~7秒未満」(10.6%)と答えた人も足すと47.0%で、7秒に至るまでに約半数が離脱している。

調査期間:2019年12月27日(金)~1月3日(金)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。