人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅勤務で机がケーブルでごちゃごちゃになっている人におすすめ!磁力でくるっと巻ける超便利なUSBケーブル「SuperCalla」

2020.05.12

USBケーブルがこんがらがって涙目(うるうる)なアナタに朗報

 多忙な中、近頃のUSBケーブルに対して、多くの不満を抱えて悩んでいる「現代人」。

 USBケーブルとは、「USB」の規格に沿っているケーブルです。「USB(ユニバーサル・シリアル・バス)」とは、コンピューターなどの情報機器に、周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つです。

「USB」は、ホスト機器に様々な周辺機器を接続するためのペリフェラルバス(ようするにパソコンや周辺機器などをいろいろ繋ぐ)規格であり、世界で最も普及した汎用インターフェース規格です。

 USB規格では、1つのバスに、最大で127台も接続が可能です。プラグアンドプレイ(パソコンに周辺機器や拡張カード等を接続した際、ハードウェアとファームウェア、ドライバー、オペレーティングシステム、及びアプリケーション間が自動的に協調し、機器の組み込みと設定を自動的に行う仕組み)にも対応しています。

 ちなみに、USB端子に対応する機器は、たくさんあります。プリンタ、デジカメ、モバイルバッテリー、扇風機、加湿器、LEDライトなど……。数え上げれば、きりがありません。

ええっ? ホント? 配線がこんがらがらがらないUSBケーブルが登場?

 もはや、全人類にとって必要不可欠な「USBケーブル」ですが、いろいろなUSBケーブルを使っていると、線がこんがらがって、訳がワカメちゃんになってしまう事がよくあります。

 ちなみに筆者はここ最近は、様々なデジタルガジェットを一度にたくさん充電したり、パソコンに繋いだり、昼寝してたりしているので、USBケーブルが混線して、収集がつかなくなってしまう事がよくあります。

 そういった場合、おおむね、筆者がだらしない性格なのが原因です。

 とはいえ、だらしないのは、筆者以外にも、世の中にはたくさんいます。全世界の面倒くさがり人たちにとって、USBケーブルが絡まってどうしようもなくなるのが悩みの種でした。

 デジタルガジェット全盛のこの時代、新技術を用いて、配線が絡まないUSBケーブルは存在しないのでしょうか……?

 実はあります。

 この度、クラウドファンディングサイトの雄である「kickstater」で、こればベンリ! ごちゃつかずに配線が綺麗(きれい)にくるっと巻けるUSBケーブル「SuperCalla」が発表されました!

kickstater/SuperCalla | Charging Cables Redesigned

SuperCalla | Charging Cables Redesigned

「SuperCalla」は、こればベンリ! ごちゃつかずに配線が綺麗(きれい)にくるっと巻けるUSBケーブルです。

「SuperCalla」は……。

 ケーブルの整理がこれまでになくカンタンで、使いやすく独創的な、「オートマジック」テクノロジーによって、すっきりと整頓された形状を保ちながら、カンタンな保管、高速充電を、すべて手のひらの上で提供可能!

 ……な性能を有した、オドロキの、起動性バツグンで、オールシーズン使えて、いつも前向きに充電やPCを接続できる、使う度に身も心もポジティブになれるUSBケーブルなのです!!

 ようするに、クルクルクルリンパとカンタンに巻き上げて利用可能なUSBケーブルです。

 ケーブルは、0.9mと1.8mの2種類が用意されています。

「SuperCalla」は、これまでのUSBケーブルと、どこが違うの?

 実はこれまで、USBケーブルを使用する際は、配線がこんがらがって、せっかく、何時でも何所でも、気持ちイ~イ配線をしたいのに、思わず配線を引きちぎってしまう惨事が後を絶ちませんでした。

「SuperCalla」って何の事? それって美味しいの?

 しか~し!「SuperCalla」さえあれば、いつも軽快なケーブルのオーガナイズ(組織化)を楽しめます!

ケーブルを折りたたんで、さらにぺったんこにする事が可能デス!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。