人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気占い師が星座別にアドバイス!コロナ禍でも気持ちが前向きになる開運行動

2020.05.05

自粛続きで、停滞を感じる今日この頃。「自宅にこもりがちな今でも、開運方法はあるはず!」

そこで、予約が取れない人気占い師・流光七奈さんに開運方法と、この時期におすすめの開運方法を星座別に伺った。

「まず、全体的な開運方法ですが、冷たい水で手を洗うことをおすすめします。これは、簡易的な滝行でもあるんです。冷水には邪気を払う効果があるんですよ。心に不安が広がったり、他人の行動にイライラしたら、まず冷水で手を洗ってみてください。気分がスッキリするはずですよ」(流光さん・以下「」内同)

経営者にクライアントが多い流光七奈さん。コロナ禍でも前向きに企業活動している経営者は、一日の終わりに冷水シャワーを浴びている人もいるという。

「全身に浴びるのは慣れが必要ですが、頭の部分だけでも冷たい水を浴びると、よいインスピレーションが湧きやすくなります。停滞を感じたら、冷水で邪気を払う……この習慣がよい流れを作り出しますよ」

コロナ禍でもビジネスも人生も続いていく。まずは冷水で邪気を払い、前を向いて行こう。

冷水で手を洗うときは、滝行をイメージするとよいという。

以下は、12星座別の開運行動だ。外出自粛の時期に、心がけたいことを教えていただいた。

●牡羊座……生まれながら生命エネルギーが強く、その場をパッと明るくする「陽」のパワーを持っている。
「自由な活動が、牡羊座さんのエネルギー源。室内でも楽しく運動できる動画で、エクササイズを始めてみてください。一日に一度はスッキリ汗をかいてエネルギー循環させていくことで、どんな状況にも打ち勝つ強い意思と、幸せを引き寄せる強運を身につけることができます」

●牡牛座……穏やかな性格で、インドア派に見えるが、実はアクティブな牡牛座。食関連の情報をキャッチし、グルメ仲間も多数いる人も多いだろう。軒並み、営業自粛の今の開運アクションは?
「巣ごもりグルメです。自分で作ってもいいですし、近所のテイクアウトを活用するなど、食の満足度を高めることが大切です。美味しいもので心地よくなると、よりよい未来が引き寄せられるのです。ダイエットはしばしお休みを」

●双子座……頭の回転が良くて情報通、コミュニケーション能力が高い。人との関わりを最小限に抑えることを求められているから、ストレスが溜まりがち。
「電話やビデオ通話などで、1日1回は誰かと話すことです。できればプライベートな会話をするようにしてください。SNSで何かを発信するのもいいですね。勉強家で物知りの双子座さんの情報に、心が満たされ、幸せになる人がたくさんいるはずです」

●蟹座……人への配慮や、思いやりが深いから、周囲からの感謝やリアクションがパワーの源。自宅にこもる今は、自分の存在そのものに、不安を感じることが増えそうだ。
「もともと、家が好きな人が多い蟹座さん。外出自粛は苦にならないかもしれませんが、つながりが断たれることに苦しさを感じそう。そんな時は、自宅でできる社会貢献を意識して。打撃を受けている生産者からモノを買うなどが、ラッキーアクション。家族のために掃除するなどもいいですね」

●獅子座……責任感が強く、部下や後輩の面倒見がよく、前進する傾向が。親分肌なので、周囲の助けを求める声に奮闘しがちなところがある。
「自分がなんとかしなくては……と思っても、相手は未知のウィルス。ふがいない気持ちになり意気消沈したら、本を読んでください。どんな本でもいいですが、ビジネス書がおすすめ。インスピレーションがあったら、メモに残して」

●乙女座……物事を客観的に判断する能力に長けている。自分の置かれている状況を冷静に受け入れ、ベストを尽くしているが、思うようにいかずジレンマを感じることが増えそう。
「完璧主義なところがある乙女座さんは、思うように業務が進まないことにイライラしそう。そんなときに、おススメなのは、植物を育てること。プランター菜園でハーブや野菜を育て、世話をすることが癒しにつながっていきます。時間をかけて、愛情と達成感を味わうことが開運のコツ」

●天秤座……バランス感覚に優れ、12星座の中でも好感度No.1。ホスピタリティーがあり、幹事としての能力が高い。それが発揮できない今、不安を覚える人も多いとか。
「おすすめの開運アクションは、オンライン飲み会の開催です。誘われて参加する人は多いですが、主宰する人は少数派。特にビジネス関係の飲み会がおすすめです。天秤座さんが持つ力は、オンラインでも発揮できます。終始笑顔で進行するとさらに運気UP」

●蠍座……何事にも一生懸命で、スケジュールに追われることに生きがいを見出す傾向がある蠍座。時間に余裕ができると、不安が先に立ってしまいがち。
「気を付けたいのは、過去にとらわれないことです。時間がある今こそ、未来志向に切り替えるとよいでしょう。そのためには、必要ないものは思い切って処分することが開運アクションです。写真、服、CD、家具……不要なものを家から出すと、新たな運が舞い込んできます」

●射手座……常に全力疾走。周りからは、「少しは休んだら?」と思われていても、実は休むことの方が、かえって不安になる傾向が。動けない今はフラストレーションが溜まりがち。
「今の開運方法は、外国語の勉強です。グローバルな活躍を見据えて、今のうちに力を蓄えておくとよいでしょう。興味がある国の最低限の日常会話を覚えるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。その国の文化を学ぶこともおすすめです」

●山羊座……計画することが得意な山羊座。先行きが不透明な現状は、人生の計画を大きく見直さなければならない不安にかられている可能性が。
「地道な努力で乗り越えられる山羊座さんは、今回の自粛ムードについて本質的には動じていないかもしれません。そんな今は、資格試験に挑戦するとよいでしょう。現実主義なところがあるので、形になり手ごたえがあることに取り組むことで、気持ちが上がるはずです」 

●水瓶座……我が道を行き、孤独に強い水瓶座は、外出自粛のダメージが少ない星座のひとつ。興味があることはとことん追求する学究肌である星座の代表格。
「今の開運アクションは、好きなことを極めることです。人が思いつかないようなアイディアや、自由な発想の持ち主でありながら、社交能力が高い水瓶座さん。人目を気にせずに、好きなことに没頭できる今、マニアックな知識を深めたり、技術を磨いたりすると吉ですよ」

●魚座……鋭い感受性の持ち主が多い。直感と未来予想力が高く、「今後の世界」を感じ取っている人が多く、ベンチャービジネスの経営者に多い星座。
「今こそ、持ち前の想像力で、“引き寄せ”を狙って。なりたい自分の未来像を描いたり、今後のキャリアをポジティブに考え、具体的にイメージを。“そんなことは無理”など、自分にストップをかけずに、自由に妄想してください。そのことが開運につながっていきます」

家にこもりがちな今こそ、開運アクションで一歩ずつ開運に向けて動いていきたい。よりよい未来は自分の手でつかみ取ることができるのだ。

お話を伺ったのは
流光七奈……視える占い師。幼少より様々な相談を受け、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた。自身も実業家であるため、経営者や政治家からの相談も多い。雑誌の占い連載をはじめ、多くのメディアで活躍、大手占いアプリ(LINE占い・Yahoo! 占い・ameba占い) では人気ランキング1位の三冠女王に。著書に『ダンナさまは幽霊』シリーズ(イースト・プレス)、『厄除け・開運・パワースポット ニッポンの神社2019‐2020』(主婦の友社)、『裏ホロスコープ占星術』(実業の日本社)などがある。公式HPはhttps://nana-healing.com/

取材・文/前川亜紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。