人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この手があったか!リモートワークの休憩時間はノンアル飲料でリフレッシュする方法

2020.05.13

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

在宅での仕事中に駆られる「誘惑」?

 先日、企業の広報担当者さんとメールでやり取りしているとき、こんな話が出た。「在宅で仕事をしていると『昼間のビール』という誘惑に駆られるけれど、電話でのやりとりや、オンラインの打ち合わせなどを考えると、昼間からのお酒は気が引けますよね。そんなときにちょうどいいなと、最近はノンアル飲料を飲んでいます」。

 以前から自宅で仕事をしている個人事業主の自分は、「え?いつも昼間から堂々とビールやワインを飲みながら原稿書いているけど……」と思いつつ、そうか、健康面を考えてもノンアルという選択肢もあるなと納得。

 実際に、外出自粛によるストレスや在宅勤務の疲れや、健康志向が高まっている背景もあり、気軽にリフレッシュできる飲料としてノンアルコール飲料が注目されており、ノンアルコール飲料市場は前年比 107%と伸長している。

 キリンビールが今年4月に行った調査では、「ここ最近、運動する機会が減った」という人は約34%、自宅で消費するビール類の傾向について、「家にいることが増えたので、糖質やプリン体が少ないものを意識して選ぶようになった」「少しでも健康を意識して商品を選ぶようになった」など、生活スタイルの変化が商品の選択に影響してきていることが判明。「ノンアルコール飲料を飲むようになった」という人も5%ほど増加していることが分かった。

「キリン グリーンズフリー」

 4月に新発売された、自然派ビールテイスト炭酸飲料「キリン グリーンズフリー」(参考小売価格:350ml缶・148円税込)は、発売から約1週間で500万本を突破するなど好調に推移している。

 麦やホップの香りを引き出した雑味のない味わいで、ノンアルコール・ビールテイスト飲料(0.00%)の製法として初となる、香料・人工甘味料無添加。「無添加だからクセがなくすっきりしている」「飲みやすくどんな食事にも合う」といったユーザーの声が寄せられている。また、休肝日や運転時の飲用だけでなく、日中のリフレッシュやランチタイムなど、幅広いシーンで積極的に飲用されているのも好調な理由だという。

【AJの試飲】味としては「キリン カラダFREE」に軍配?

 ホップの風味がありビールに近いテイストで泡立ちも良い(※下記画像はグラスは一番搾りだが、中身はグリーンフリー)。無添加ゆえか、後味は思った以上に麦芽感のような風味が残る印象。個人的には、単品で飲むならすっきりとした後味の「キリン 零 ICHI」、コクや風味から、ノンアルで初めておいしいと感じた「キリン カラダFREE」に軍配が上がる。

「メルシャンスパークリングアルコールゼロ」

 世界的な健康志向の高まりで、近年、ノンアルコール飲料が注目されている。欧米では若年層を中心に、心身の健康を考えてあえて酒を飲まない「ソーバーキュリアス」というスタイルがトレンドになりつつあり、パーティーやクラブでもノンアルのドリンクやカクテル、スムージーなどを飲み、アルコールを飲まない若者が増えてきているという。

 ビールテイストのノンアルのラインナップが増えているが、スパークリングでもノンアル潮流が来ており、日本における2018年のノンアルコールのスパークリングワイン販売数量は前年比約2割増と大きく伸長している。

 今年2月に発売された「メルシャンスパークリング アルコールゼロ」(白・ロゼ 参考小売価格:各432円税込)は、ワイン製造技術を活かした原料開発と独自の製法による、香り豊かですっきりとした味わいが特長のアルコール0.00% ノンアルコール・スパークリングワイン。

 ワインのような風味の秘密は、ワインの原料開発、醸造技術を結集して実現した「口中の戻り香」。ワインらしさを感じる柑橘香成分を多く含む特殊ブドウ果汁の開発に成功。さらに果汁の持つ香り成分を強化し、味に膨らみや複雑さを与える製法により、鼻先から感じる香りだけではなく、口内で開く香りが「戻り香」となり、ワインのような風味を生んでいる。(いずれの技術も特許登録済)。

【AJの試飲】独自開発の技術によるキレのある味と香りは秀逸

 ノンアルスパークリング=炭酸入りブドウジュース?と思いつつ試飲してみた。口に含むと最初はブドウ味を感じるが甘さは抑えており、ワインのようなボディ感を持ちながら、後味に甘さが残らないキレのある爽やかな飲み口。香りも加わり、特に白はスパークリングワインにとても近い感覚だった。食事との相性も良さそう。

文/阿部 純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。