人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワーク歴30年以上のベテランがアドバイス!仕事に集中できない時の対処法

2020.05.12

緊急事態宣言が全国に出されて以来、在宅勤務になったものの、なかなか普段通りの調子が出せないと感じていないだろうか?

何らかの原因で集中できなかったり、肩こりが生じたりすることも多い。最近では運動量が減ったことによる「コロナ太り」というワードも聞こえるようになった。

そこで今回は、テレワークを自ら長年実践し、テレワーク導入支援も行う株式会社ダンクソフト代表の星野晃一郎さんに、テレワーク中の集中力コントロール方法や体調や体重管理の方法を聞いた。

在宅勤務で集中力が途切れたときの対処法

星野さんの在宅デスク

在宅での仕事中、どうしても集中できなくなったときには、どうしているのか。星野さんの実体験から聞いた。

「在宅勤務でなくても、集中力が途切れる、飽きる場合には、別の案件を処理するようにします。単純な事務処理、かなり先を見た提案の考案、いつでもできる情報収集、プライオリティ―を下げていた人たちとのコミュニケーション、タスク管理の見直しなどです」

これらの作業を行うと本来集中したかった作業に戻ったときに、集中しやすくなるのだろうか?

「煮詰まっている対象から一度外れることが大事です。私は別の作業をしても良いと考えます。在宅勤務の合間に料理をするのも同じ。家事も大事な仕事ですよね。これも気分転換。料理に集中した後で仕事に戻れば頭が切り替わるので、集中はしやすくなりますね」

また、さまざまな仕事をしたほうが良い理由は他にもあるという。

「当社DUNKSOFTのテーマに『POLYVALENT(ポリヴァレント)』という考え方があります。『多能工』ともいわれるようです。私はエンジニアですが、プログラミングだけでなく、デザインや経理などの事務処理や人事的な業務などの色々な経験が仕事に役に立つときがあります。あるいは、色々なポジションがこなせないと専門だけでは生きられない時代を意識するという意味でも価値があります。

副業や複業というのが流行っていますが、そういった場合も同じ仕事を別の会社で行っても成長しにくいと思います。それよりは、多くの企業で求められるあらゆる職種に精通しているほうが、起業したときでも経験が生きたますし、安心です。全員が助け合えるという利点があります」

バランスボールとテニスで意識的に運動

在宅勤務は、会社勤めと比べて身体を動かす機会が少なくなる。星野さんはどんな対策を取っているのか?

「バランスボールに乗って仕事をすると知らないうちに体幹が鍛えられます。これは自宅の写真ですが、オフィスでも同じように、いつもこれに座っています。

いずれにしても在宅勤務になると極端に歩かなくなるので、通勤時間に当たる時間は一定の運動をするなどの対処が必要だと思います」

バランスボール

星野さんは他にどんな運動をしているのだろうか?

「20年、週末はテニスクラブで3時間程度プレーしてます。日曜日はスクールにも入って常に新しい技術を学んでいます。頭と身体のバランスを取ることは重要ですね。

また普段、身体をほとんど使わないので、テニスで身体が疲労することで良く眠れるという利点もあります。今の新型コロナの影響下でもOPENしているテニスクラブには感謝です。今は私も在宅で1,000歩程度しか歩かないので、テニスの日を週末だけでなく、週中にも増やそうかなと考えています」

星野さんは運動の他にどんな体調管理をしているのか?

「朝食はフルーツ中心にしています。ミネラル、ビタミン、繊維質が摂取できるのでおかげさまで体調維持はしやすいです」

体重マネジメントも大事

星野さんは、運動は体重マネジメントの意味でも重要視しているそうだ。

「弊社の社員の大半は、在宅勤務をすることで体重が増えました。体重増加を制御できる人は仕事のマネジメントもできる人だと思います」

在宅勤務は、これまでの会社勤務と異なる部分が多い。自ら集中力のコントロールや運動機会を増やし、体調や体重管理を行うことも、必要なビジネスマンとしてのスキルといえるのかもしれない。

【取材協力】
株式会社ダンクソフト代表 インターミディエイター 星野晃一郎さん
1986年に代表就任と同時に千代田区本社と開発先の滋賀県に常駐し、テレワーク経営をスタート。銀行ATMなど通信系エンジニア。90年代にネットワーク管理者、セキュリティ管理者の資格取得。

取材・文/石原亜香利

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。