人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってた?4月からスタートした東京都の自転車保険加入義務化

2020.05.09

買い物、通勤、運動などの目的で、日常的に自転車を利用している人は多いはず。その中で、どれくらいの人が、自動車や通行人と接触しそうになるなど、いわゆる「ヒヤリ」とした経験があるのだろうか?

そんな自転車にまつわる“ヒヤリハット”経験や、自転車保険に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

自転車を週1日以上利用する人は約7割、利用目的は「買い物」「通勤・通学」が上位に

東京都に住む15歳~49歳の男女1,062名を対象に、自転車の利用頻度について尋ねる調査が行われたところ、「ほぼ毎日利用する」が33.6%、「週3日利用する」が19.3%、「週1日利用する」が16.7%と、合わせて約7割が週1日以上自転車を利用することがわかった。

また利用目的として、「買い物」が71.5%を占め、次いで「通勤・通学」が47.5%で上位の理由となり、自転車がより人々の生活に密接に関わっていることがうかがえる。

自転車に乗っていて“ヒヤリハット”経験がある人は7割以上!

自転車に乗っていて、事故に遭いそうになった経験があるか尋ねる調査が行われたところ、72.2%の人が「ある」と回答した。また経験が「ある」と回答した人にどのような状況だったかを尋ねる調査が行われたところ、「自動車と接触しそうになった」が45%と最も多く、次いで「通行人と接触しそうになった」が24.4%という結果となった。

特に「通行人と接触しそうになった」が24.4%、「看板や建築物などに接触しそうになった」が6.9%、「自転車同士で接触しそうになった」が13.9%で、合わせると90.2%の人が賠償など大きな事故に繋がる可能性のある危険にあっていたということがわかった。

東京都の自転車保険加入義務化について約半数が「知らない」と回答

4月から東京都で自転車保険が義務化されることを知っているか尋ねる調査が行われたところ、「知っている」が51.3%、「知らない」が48.7%という結果となり、義務化の認知度は今のところ5割程度に留まっている。

また、義務化を「知っている」と回答した人を対象に、義務化の内容まで知っているか尋ねる調査が行われたところ、「知っている(被害者側に補償できる個人賠償責任補償など)」が61.8%、「知らない(義務化というワードだけで内容までは知らない)」が38.2%となり、義務化を知っている人の中でも、4割近くの方は義務化の内容までは知らず、義務化の認知・理解はまだ十分とはいえないようだ。

自転車保険の加入率は4割!半数以上が加入していないと回答、加入経路はインターネットからが最多

現在自転車保険に加入しているか尋ねる調査が行われたところ、「加入している」が43.4%、「加入していない」が56.6%と、半数以上の人が加入していないことが明らかになった。

また「加入している」と回答した人を対象に、加入経路について尋ねる調査が行われたところ、「インターネット」が全体の43.5%と最も多く、次いで「自転車販売店」が39.2%、「LINE」が25.4%となった。

“インターネットで保険に加入する”という文化が浸透してきているといえる。

自転車保険を選ぶ際のポイントは約7割が「月額料金の安さ」と回答

自転車保険を選ぶ際にポイントとなるところについて尋ねる調査が行われると、「月額料金の安さ」と回答した人が最多の69.3%。次いで「補償金額」が51.5%、「補償範囲(本人、家族など)」が42.9%、「手軽に加入できる」が34.4%、「付帯サービスや特約」が21.7%、「キャッシュレスで払える」が13.7%という結果になった。

「月額料金の安さ」に加え、「手軽に加入できる」「キャッシュレスで払える」など保険契約をスムーズに行えるポイントが上位に上がっていることから、生活している中で必要なときにすぐに加入できる保険に関心が高いといえる。

自転車保険義務化でも加入意向のない人が4割

自転車保険未加入者を対象に、東京都の義務化を機に保険加入の意向について尋ねる調査が行われたところ、「加入する」が58.8%、「加入しない」が41.2%という結果になった。4割が義務化されても加入の意思がないことがわかった。

また「加入しない」と回答した人を対象に、理由を尋ねる調査が行われたところ、「月々の保険料が高いから」が27%、「義務だけど努力義務だから」が17.3%、「どの保険にしたらいいか分からないから」が16.9%という結果に。

保険料が高いイメージや、保険種類が多くあることが加入のハードルとなっている一方、自転車利用時の賠償リスクがあまり意識されていない可能性がある。

<調査概要>
実施期間:2020年2月26日~3月4日
対象: 東京都在住の自転車利用者15歳〜49歳の男女(N=1,062)(有効回答)

出典元:LINE株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。