人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

就活の新しい形「オンライン就活」は定着していくのか?

2020.05.01

今、就職活動もオンライン化している。合同企業説明会などがオンラインで受講できる時代になっているのだ。まだスマホが普及する前の時代に就活をしていた年代にとっては驚きの「オンライン就活」。そのサービスを提供している株式会社ガイアックスに、実際どのような立場の学生たちが、どのような目的で利用しているのかを聞いた。

「オンライン就活」とは?

「オンライン就活」とは、地方や海外など、応募企業からは遠方に住んでいる就活生に向け、オンラインで開催の合同企業説明会と座談会、およびキャリアセミナーを提供するサービスだ。

2020年2月に立ち上がった本サービスは、その立ち上げにあたり、地方や海外に住む100名以上の学生にインタビューを行ったところ、ある共通した悩みに直面したという。

「授業を休み、夜行バスに乗って参加した説明会で、聞いた話はすべてネットに載っていた」
「交通費や宿泊費でお金がかかる。バイトも入れられないので、20万円の貯金が就活でなくなった」
「地方や海外に来てくれるのは決まった企業ばかり。限られた選択肢の中で就職先を決めるのは不安」

もともとサービス提供元のガイアックスは、普段からすべてのメンバーがリモートで働いているという。このスタイルを就活にも応用し、学生と企業をオンラインでつなぐことで、遠距離就活生の就活格差を解消し、自分に合った企業や働き方を見つける場を提供していきたいという思いを持っているそうだ。

オンライン就活を利用する学生たちの状況

現在、オンライン就活を実際に利用している学生たちは、どのような理由、状況下で利用しているのか。ガイアックスのオンライン就活の事業責任者である管大輔さんに聞いた。

「オンライン就活を利用する学生の大半が、地方や海外など東京から物理的に距離のある地域で暮らす学生です。内訳としては、地方学生が7割、海外学生が3割となっています。

就活生178名に実施したアンケートでは、6割(91名)が『物理的距離に関わらず東京の企業の話を聞くことができるから』、5割(87名)が『自宅など好きな場所から参加することができて効率的だから』という理由で参加しており、『内容は対面でもオンラインでも変わらないので、時間やお金を気にする必要がないオンラインサービスのほうが利用しやすい』という声もいただいています」

●学生の活用事例

実際、学生たちはこんな風に活用しているそうだ。2人の学生の体験談を紹介する。

1.オンラインを活用して実力を出し内定を獲得!

「企業の人と話すことに苦手意識があったのですが、オンラインの場合、PCの画面に自己PRや質問したいことを表示しておくことができるので、話が飛んでしまうことなく伝えたいことを伝えることができ、実力を出しやすい環境をつくることができました。

また移動の時間がかからない分、企業のことを調べたり自分の内省を深めたり、必要な準備に使う時間を増やすことを心がけ、聞きたい質問は事前に用意し、伝えるようにしていました。結果、オンライン就活の出会いから内定をいただくことができました。

自宅からPCかスマホから参加することができて、移動時間も必要なく、服装もスーツを着る必要なく私服で良かったので、忙しい就活スケジュールのなかでも効率的に進めることができました」

2.『1日1時間のOB訪問』としてオンラインキャリアセミナーを活用!

「仕事を楽しむ社会人のキャリアトークを聞くことができる『オンラインキャリアセミナー』は、普段、生活しているだけでは出会えない生き方をしている人の話を聞くことができます。私は地方に生まれ育ったこともあり、考えうる将来の選択肢の幅が都会に比べて狭かったのですが、セミナーを聞いて多くの価値観を知りました。これは自分のキャリアを考えることにそのまま役立ちました。『毎日1時間のOB訪問』だと思って参加を続けています。就活ではさまざまな企業や人、考え方に触れることができますが、私はその可能性をオンライン就活に広げてもらいました」

オンライン就活の企業メリットは?

オンライン就活は、学生にとって場所を選ばず、移動費もかからず無料で参加できるほか、イベントの座談会で気になることを企業担当者へ直接質問することができるというメリットもあるという。

では、オンライン開催する企業にとってはどんなメリットがあるのか。管さんは次の3つを挙げる。

1.コストが削減できる

「企業にとっては、まず地方での説明会開催や海外就活イベントへの参加にかかる交通費、宿泊費、会場費といったコストを削減できます。さらに移動時間も不要なので、金銭的、時間的コストを圧倒的に抑えられます」

2.いままでリーチできなかった学生とのつながりが得られる

「ユーザーは、地方の大学に通う学生が7割、海外留学中の学生が3割。世界中どこからでも参加可能なため、これまでつながりのなかった学生にアプローチできます」

3.リスクのない契約形態

「本サービスは後払いの成果報酬での契約も可能となっていますが、その成果地点は内定承諾時ではなく入社時なので、内定辞退によるリスクを回避できます」

本サービスに限らず、今後オンラインで就活ができる仕組みがどんどん構築されていけば、学生にとっても、企業にとってもより利便性が高まり、よりスムーズにマッチングがなされることだろう。

【取材協力】
オンライン就活
https://onlineshukatsu.com/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。