人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幅広いプレイスタイルに対応するスペックを搭載したフェンダーのアンプ「MUSTANG GTX」シリーズ

2020.05.16

数百通りものサウンドを1台で再現!フェンダーの最新アンプ

70年以上にわたりフェンダーアンプはエレクトリックギターと共に無数のアルバムでそのサウンドがレコーディングされ、モダンニュージックのサウンドの土台を形成してきた。

今回発表された『MUSTANG GTXシリーズ』は、MUSTANG GTシリーズの高品位のトーンや柔軟なプリセット機能、そしてWiFi、Bluetooth、ルーパーといったユーティリティ機能をすべて踏襲しながら、ステージ映えするルックスやキャビネット構造、搭載スピーカーなどをアップデートし、エフェクトやアンプトーンの増強、プリセットやグローバルEQ機能の追加、7ボタンフットスイッチへの対応など、より幅広いプレイの多様性に対応するスペックを誇る。FENDER TONE 3.0と併用することで多彩なサウンド設計がシンプルに行える。

またエフェクトをシグナルパス上の任意のポジションに配置できるようになったことも、MUSTANG GTXとMUSTANG GTの可能性をより押し拡げることにつながる。

フレキシブルさと扱いやすさが定評のデジタルアンプ、MUSTANG LTシリーズには50W出力パワーモデルとなるMUSTANG LT50が追加された。MUSTANG LT25の上位機種となるMUSTANG LT50は、高品位の12インチスピーカードライバーと多彩なアンプトーンやエフェクトをシンプルな操作で調整できるユーザーインターフェイスを搭載し、バンド演奏での使用にも十分耐え得るパワーを備えている。

Mac/PC版FENDER TONE 3.0アプリを使用することで、プリセット管理やクラウド上のプリセットトライアル、ファームウェアアップデートなどを手軽に行うことが可能だ。

さらにチューブアンプカテゴリーには、'64 CUSTOM PRINCETON REVERBがハンドワイヤードのリイシューモデルとして登場した。'64 CUSTOM PRINCETON REVERBは、発表から50年以上経た今なお世界中のライブパフォーマンスやスタジオで高い需要を誇るモデルだ。

‘64 CUSTOM DELUXE REVERB、57 CUSTOM CHAMP、‘57 CUSTOM DELUXE、そして‘57 CUSTOM TWINに並んで追加された本モデルは、一台一台丁寧にハンドワイヤリングされたスペックで2020年にそのタイムレスなクラシックフェンダートーンを蘇えらせる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。