人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

想定時価総額が上位の国内スタートアップが実施する新型コロナ対策のサービス3選

2020.05.01

成長著しいスタートアップ企業の中には、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、その対策のための事業を展開している会社もある。

このほど、成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社により、2020年4月1日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングが発表された。

同ランキングと共に、上位にランクインした「スマートニュース」「TBM」「FiNC Technologies」が実施しているコロナ対策のためのサービスを紹介していきたい。

ランキング上位企業の新型コロナウイルス対応

■スマートニュース

同社が運用するニュースアプリ「SmartNews」は、JX通信社が提供を行う、新型コロナウイルスの地域別感染者数データを3月から配信開始。これにより「SmartNews」を利用するユーザーは最新の地域別感染者数の情報をアプリ内の「新型ウイルス」タブで簡単に確認することができる。

■TBM

石灰石を原料とする「LIMEXマスクケース」を4月から法人向けに販売を開始。このマスクケースは、抗菌製品技術協議会の規定を満たした抗菌性能を有しており、菌の繁殖を抑え、食事や自宅でマスクを一時的に外す際も衛生的に保管できるという。今後は、法人・個人問わずに安価な価格での販売を強化していく見込み。

■FiNC Technologies

FiNCアプリで「今こそ、カラダ」プロジェクトという、トレーナーや管理栄養士、医師などのヘルスケア領域の専門家が監修した、「今だからこそ」の情報をまとめた特集をスタート。具体的には、自宅でできるトレーニングや免疫対策レシピ、医師監修のアドバイス等の情報を集約して提供している。

【調査概要】
タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」
調査期間:2020年4月1日時点
レポート記事:STARTUP DB(https://media.startup-db.com/research/marketcap-ranking-202004

出典元:フォースタートアップス株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。