人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働く妊婦の3割が新型コロナの状況下でも「職場からのサポートはない」

2020.04.29

いまだ終息の目途が立たないコロナ禍。小さな命を預かるママさん、また、預かろうとしている女性たちにとって不安な日々が続いていることだろう。

そこで今回、妊娠中・育児中・妊活中の女性を対象にした、新型コロナウイルスに対する悩み・不安などについて尋ねる意識調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

なお本調査は、健康情報サービス『ルナルナ』により、4月10日(金)~4月12日(日)の期間に実施された。

自分とお腹の中の子ども、ふたつの命を守る妊婦ならではの不安とは?

初めに、新型コロナウイルスの感染拡大が続く今、妊婦が抱えている不安の内容をたずねてみると、1位は「感染した際の胎児への影響」91.0%となり、9割以上の女性が自分よりも胎児への影響を気にしていることがわかる。

2位には「感染した際の自身の重症化」74.3%、3位には「感染した際に治療薬がないこと」71.2%が続いた。日本産科婦人科学会によると、妊娠中に新型コロナウイルスに罹患する率は一般の人と変わらず、重症化率も同様か、むしろ低い値が報告されている※1とのことだが、一般的に妊婦は肺炎にかかると重症化する可能性が高かったり※2、胎児への影響のため服薬が制限されていたりと、未知のウイルスだからこそ妊婦の不安はより大きいことが想像される。

働く妊婦が受けられたサポートとは?不安を和らげるために職場ができることは……

続いて働いている妊婦を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う職場でのサポート体制について尋ねる調査が行われた。

結果は「サポートはなかった」30.0%が1位となり、感染を恐れている妊婦の不安に対して職場の対応が追いついていない現状がうかがえる。

2位は「在宅勤務になった」19.3%となり、雇用形態別でみると、正社員の女性が在宅勤務になった割合は23.4%なのに対して、契約・嘱託社員や派遣社員の場合は18.5%程度と、5ポイントほど低い結果となるなど、働き方によってサポートにも違いがあることもわかる。

産休まで働く女性は多いため、在宅勤務をはじめ、時差出勤や特別休暇など、妊婦を感染から守るために考えられることは多々あるが、自由回答では「夜勤が免除になった」、「身体の負担の少ない業務にしてもらった」、「交代勤務にしてもらえた」などのサポートを受けられたという声も多く、このような動きが多くの企業や団体に広がって欲しいところだ。

7割の妊婦が「支援は不十分」だと感じている!今求められているサポートとは……?

このように不安が募っている状況の中で、新型コロナウイルスの感染防止のための妊婦へのサポートは十分であるかについて尋ねる調査が行われると、実に7割近くの人が「(サポートは)不十分だと思う」と回答した。

具体的に求めるサポートとしては、1位「妊婦や妊婦がいる世帯への優先的な消毒液の支給」68.7%、2位「妊婦や妊婦がいる世帯への優先的なマスクの支給」62.2%、3位「産婦人科の医療従事者への優先的な感染防止対策」60.8%という結果となり、家庭や医療機関など、妊婦の行動範囲を安全な環境にすることが望まれているようだ。

一方で、不安な時期に救われたエピソードをたずねると以下のような声が自由回答として寄せられた。

●職場のメンバーが妊婦に対して対応をして欲しいと職場に訴えてくれた
●在宅勤務と無理のない働き方を推奨してもらえています
●助産師さんから、立ち合いが難しくなった場合、陣痛中など全力でサポートすると言ってもらえたこと
●この時期に産まれてくるからには意味ある子だよと励ましてもらえた
●友人が手作りマスクをくれた。私の妊娠を知ったお客様から、アルコールティッシュを頂いた。本当にありがたいと思いました。
●ニュース番組で新型コロナウイルスの中、妊婦さんの抱える悩みを特集で行ってくれたこと。心配な気持ちを皆に理解してもらえた気がした。

多くの妊婦が、周りの人からの温かい声に支えられていることがわかる。具体的な支援ができる立場になくても、妊娠中の人が身近にいる場合は優しい声をかけてあげるだけで、妊婦の精神的な辛さは軽くなるのではないだろうか。

休園・休校中の保護者の対応は?悩みの1位は「子どもの精神的なストレス」

続いて育児中の女性を対象に不安や悩みについて尋ねる調査が行われた。3月上旬から実施されている学校や幼稚園、保育園の休校・休園措置に関しての対応として最も多い回答は「現在、就業状況にないため、普段と特に変わらない」43.9%となったが、就業中の人からの回答は「親の仕事中は子どもだけで留守番をしている」16.2%、「仕事を休んで自身が子どもをみている」16.2%が多くなった。

在宅勤務などを活用し、家庭で子どもを見ながら仕事を していると回答した人は少なく、自由回答では「いつまで休校・休園が続くかわからず、先行きが不安。」という声も寄せられている。

このような休園・休校中の子どもを持つ保護者が抱える困りごとや悩みについて尋ねる調査が行われると、1位は「子どもの精神的ストレス」49.6 %、2位が「子どもの運動不足」49.2%という結果となった。

現在は休園・休校だけではなく外出の自粛も必要なため、行動範囲がぐっと狭まることで気分が落ち込んでしまう子どももいるかもしれない。

最近はオンラインのサービスも広く普及しているため、ビデオ通話で友達と話す時間を作ったり、家の中でできる運動をしたり、自粛しながらも気晴らしができる工夫をしてみるのも一つの解消法ではないだろうか。

また自由回答では、育児中の世帯に求める支援として経済的な援助から育児のアドバイスまで、様々な声が寄せられたので、一部を紹介していく。

●(休校によって)親が仕事を休んだ際の現金支給
●自宅で遊べるおもちゃの支給
●兄弟げんかが増えているので、子ども同士の衝突を防ぐ方法の周知
●タブレット等で、家にいてもできる全国統一の教育体制が整えばいい
●子どもの体力を発散させる場が欲しい。子どものストレス、精神面について相談したい

妊活中、不妊治療中の人にも新型コロナの影響が大!今後の方針を迫られる事態に

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月1日(水)に、日本生殖医学会から会員の医師向けに妊娠中に使える予防薬や治療薬が開発されるまで、不妊治療の延期を選択肢として患者に提示することを推奨するという声明(http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf)が出された。

妊活や不妊治療をしている人を対象に、この声明が出されたことを知っているか尋ねる調査が行われたところ「知っている」47.2%、「知らなかった」52.8%となり、医師向けに発信された声明にも関わらず4割以上の女性が認識しているという結果からも、この声明の影響力の大きさが感じられる。

また、この声明を受けて現在自身が行っている妊活や不妊治療の方針をどのように考えているかについて質問が行われると、「妊活・治療を継続する」48.1%が最も多い回答となった。次いで「しばらく様子をみて、判断する」23.9%、「まだ迷っている」12.8%と続くように、答えを出せずにいる人も少なくないようだ。

判断の背景を問うと、「自身で考えて結論を出した」68.4%が最も多く、次いで「パートナーと相談した」54.3%となった。現時点では、妊活や治療の方針については医師からの指示よりも当人たちの気持ちを尊重した決断をしていることがわかる。

声明をどのように受け入れたかを尋ねる質問では、1位「理解はするが、受け入れられない」43.0%となり、子どもを望んでいる夫婦にとってはやはり葛藤があるようだ。

一方で、この声明を「当然のこととして受け入れる」と回答する人も34.0%と少なくなく、妊娠をしてもその後のリスクを心配する声が目立った。妊活・不妊治療の方針に関する判断は、パートナーはもちろん、かかりつけの医師ともよく相談して欲しいところだ。

また、このような判断をする中で救いになった言葉やエピソードについて尋ねる調査が行われたところ、沢山の自由回答が寄せられたので、最後にその一部を紹介していく。

●パートナーが、妊活は中断しないと言ってくれた
●年齢的にも妊娠の確率が低くなってきていることを踏まえ、一度でもチャンスは逃したくないという思いを主人に伝えたところ、同じ思いですぐに同意してくれた
●不妊治療を始めるまで健康な体を作るように心掛けようと夫に言われました
●授からないけど、新しい命を救っていると捉えようとパートナーに言われた
●夫が、新しく宿る命以上に私の命が大切と言ってくれた
●夫が、話をゆっくり聞いてくれて、一緒に頑張ろうと言ってくれた。 また、第一子妊娠時からお世話になっている主治医の先生も、「コロナが少し落ち着くまで、積極的な治療はしない」という私の気持ちに寄り添い、漢方という選択肢を提示してくださった。

■愛媛大学大学院・医学系研究科・産科婦人科学教授・杉山隆氏からのコメント

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、妊婦さんの感染も増加することが予想され、妊婦の皆さんや不妊症の治療を含め妊活中の方には、心配や不安をお持ちのことだと思います。現時点でお母さんが感染された際の胎児への影響は明らかとはなっていませんので、どうぞ過剰な心配はされませんようにお願いします。

働く妊婦さんへのサポートが必要ですが、医学的な問題がある場合は、かかりつけ医に相談の上、「母性健康管理指導事項連絡カード」をご利用ください。

お子さんをお持ちのお母さんは、いろいろ大変でしょうが、お子さんと接する時間をなるべく取ってあげてください。

最後に皆さんがお世話になる医療施設は院内感染の場となり得ますので、各施設の決め事は必ずお守りください。何かお困りの際は、とにかくかかりつけ医の先生やスタッフの方にご相談ください。皆様の健やかな妊活・妊娠・育児生活をお祈りいたします。

<調査概要>
調査実施時期 : 2020年4月10日(金)~4月12日(日)
調査方法および人数 :『ルナルナ』、『ルナルナ ベビー』にてアンケート調査。10代~50代以上の女性、10,129名

※1:令和2年4月7日 日本産科婦人科学会理事⾧ 、日本産婦人科医会 会⾧による「妊娠中の皆さまへ」よりhttp://www.jsog.or.jp/uploads/files/news/20200407_COVID19.pdf
※2:令和2年4⽉1⽇ 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策 ~妊婦の方々へより
https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000620977.pdf

出典元:株式会社エムティーアイ

構成/こじへい

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。