人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

分割キーボード、トラックボールマウス、テレワークでも疲れにくいパソコン周辺機器6選

2020.05.07

自宅での動画視聴やオンラインゲームだけでなく、仕事を自宅に持ち帰って行うためにデスクトップパソコンを購入したという人もいるだろう。パソコン本体は詳細なスペックがHPに記載されていることが多く、比較しやすいが、マウスやキーボード、モニターといった周辺機器は、どれを購入すればいいのかわからないという人も多いのではないだろうか。

そこで、使い勝手のいいおすすめのパソコン周辺機器をジャンル別に紹介していこう。今回は、在宅作業で長時間パソコンを利用する場面を想定し、比較的疲労が溜まりにくい周辺機器に限定した。

長時間使用しても疲れにくい!? 打ち心地抜群のおすすめキーボード

まずは、文字入力に欠かせないキーボードの中から、打ち心地がよく、長時間使用していても指や腕が疲れにくいおすすめのものを紹介していこう。

生産性、安定性、精確性を考慮して設計されたおすすめのキーボード

Logicool
KX1000s bluetooth CRAFT Unifying
2万7467円

本体サイズ:32㎜×430㎜×149㎜
Bluetooth接続:あり
テンキー:あり

キーの安定性を強化したため、ノイズが減少。さらに応答性が最適化されたため、ノイズなしにすべてのキーストロークが感じられるキーボード。球状のキーディッシュというパーツが搭載され、指の配置も快適に置けるよう設計、スムーズな入力が可能となっている。

先進のエルゴノミクス理論に基づいて設計された分割キーボード

Microsoft
Sculpt Ergonomic Keyboard For Business
8690円

本体サイズ:15.3㎜×388㎜×208㎜(テンキー 5.21㎜×132㎜×92.8㎜)
Bluetooth接続:あり
テンキー:あり(独立)

先進のエルゴノミクス理論に基づいて設計されており、分割キーボードレイアウトは手首と前腕を無理のない位置に保ち、クッション付きのパームレストが手首を保護。ドーム型に設計されているため、疲れや痛みの原因となる手首の動きを最小限に収められる。テンキーは独立しているため、作業スペースの自由度が高められるのも魅力。

指への負担が少ないトラックボールタイプのおすすめBluetoothマウス

続いては、丸いボールを指で回して画面上のカーソルを操作する、トラックボールマウスを紹介しよう。マウス本体を動かす必要がないため、腕への負担が少ないトラックボールマウスは、長時間の作業におすすめ。ボールの操作には慣れが必要だが、使いこなせれば快適な操作が可能となるだろう。

ホイールも搭載したコスパ抜群のトラックボールマウス

Logicool
WIRELESS TRACKBALL M570T
6655円

ボール位置:親指タイプ
本体サイズ:145㎜×45㎜×95㎜
ケーブル:ワイヤレス
ボタン数:5個

手を支え、腕に負担をかけない緩やかなカーブを描く安定したフォルム設計により、快適な作業を実現できるマウス。トラックボールマウスは、マウスホイールを搭載していないモデルも多い中、しっかりとホイールまで搭載している上に、1万円以内で購入できるコスパの高い製品だ。

8つのボタンを搭載した自由なカスタマイズ力が魅力のトラックボールマウス

ELECOM
M-DT2DRBK
1万2309円

ボール位置:人差し指タイプ
本体サイズ:124.4㎜×47.9㎜×94.7㎜
ケーブル:ワイヤレス
ボタン数:8個(ホイールボタン含む)

トラックボールマウスは、ボタンが5個前後搭載されているモデルが多い中、このマウスは8つのボタンを搭載。人差し指でボール部分を操作し、親指側に並んでいる3つのボタンでクリック・進む・戻るといった操作が快適に行える。あらゆる操作を手元のみで行いたいという人におすすめのマウスだ。

長時間画面とにらめっこしても目が疲れにくいおすすめのモニターを紹介

最後は、デスクトップモニターの紹介。モニターは、発光する画面を見続けるという性質上、目の疲れの原因になりやすい部分。もちろん、疲れをゼロにするのは難しいが、少しでも目に優しいモニターを選ぶのが、長時間作業する上で欠かせないだろう。

周囲の光を感知して画面の明るさを自動で調節してくれるモニター

BENQ
GW2480T
オープン価格
(実勢価格約1万8000円前後)

モニターサイズ:23.8インチ
画面解像度:フルHD(1920×1080)
高さ:428㎜~528㎜(台座あり)
重量:5,7㎏
接続方式:DisplayPort、HDMI、D-sub

睡眠ホルモンの生成を減少させるともいわれているブルーライト。このモニターは、有害なブルーライトを除去し、睡眠の質と目の健康に配慮されている。また、モニターを見る際に生じる目の疲れの原因ともされるフリッカー(画面のちらつき)をカットする性能も備えており、自宅での仕事のみでなく、子供にも安心して与えられるモニターだ。

フリッカーフリー技術にブルーライト軽減機能、7種類の画質から選択できるゲーミングモニター

ASUS
VG258QR
オープン価格
(実勢価格約2万円前後)

モニターサイズ:24.5インチ
画面解像度:フルHD(1920×1080)
高さ:357㎜~487㎜(スタンド込み)
重量:約5.㎏(スタンド込み)
接続方式:HDMI 1.4、DVI-D(Dual Link)、DisplayPort 1.2

オンラインゲームのためのゲーミングモニターではあるが、フリッカーフリー技術やブルーライト軽減機能を搭載しているため、ビジネス用として使用しても疲れにくいモニター。ゲームに合わせて7種類の画質から好きなものを選択できるので、作業がしやすい画質にお好みで調節できるのも魅力。

取材・文/佐藤 文彦

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。