人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海と陸と駅、東西の一体化による回遊都市を目指す再開発プロジェクト「エキサイトよこはま」が描く横浜の近未来図

2020.06.22

〝国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり〟をコンセプトに、街を作り替えるような再開発プロジェクト「エキサイトよこはま22」が進む横浜。国際クルーズ拠点「横浜ハンマーヘッド」の開業、分断された地区をつなぐデッキの新設、新たな路線バスの回遊は、まさにその象徴。居心地がよく、歩くだけで楽しめる〝ウオーカブルな街〟へと変貌を遂げようとしている。

横浜

街の魅力をフル活用できる回遊性の高い都市へ

 横浜市中区と西区の横浜港までを含むみなとみらい21地区は、再開発によって港のプレゼンスを高めるとともに、商業施設などが次々開業する。今年は接続デッキを複数新設するなど、クルマで出かける街から、バスや徒歩で楽しむ街へと変わろうとしている。

 横浜ハンマーヘッドと桜木町駅を結ぶバス路線「ピアライン」も重要な施策のひとつ。昨年10月に運行を開始、朝夕は速達性、日中は周遊性の高いルートを走ることで移動の足として定着しつつある。

 一方の横浜駅西口にはJR横浜タワーが竣工。商業施設としての魅力を高めるだけでなく、周辺施設や駅と直結することで、街全体の新陳代謝を促す狙いだ。

臨海⇔内陸を結ぶ〝通りの開発〟が進む

女神橋

〈開通日未定〉

女神橋

中央地区の臨港パーク側と新港地区のカップヌードルミュージアム側を結ぶ、海沿いにある全長約75mの歩行者デッキが完成予定。名称は、デッキのたもとにある「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル」最上部に設置される女神像に由来する。ぷかり桟橋やパシフィコ横浜から横浜ハンマーヘッド、赤レンガ倉庫までの回遊性を大幅に向上。

キングモール橋

〈4月23日開通予定〉

キングモール橋

〝グランモール軸〟〝クイーンモール軸〟と並ぶ、みなとみらい21地区の主要歩行者ネットワークであり、みなとみらい線新高島駅と臨港パークをつなぐ〝キング軸〟に整備された全長約56mの歩行者デッキ。4月23日に開業する大型会議施設「パシフィコ横浜ノース」やデートスポットとして人気の「臨港パーク」にアクセスしやすくなった。

YOKOHAMA AIR CABIN

〈年度末開業予定〉

YOKOHAMA AIR CABIN

桜木町駅前から新港ふ頭の「運河パーク」を結ぶ全長約630mのロープウェイ。8人乗りのゴンドラ36基が最大約40m上空を周遊する。ゴンドラからは港や街並みをパノラマ的に見渡すことができ、かつてない都市型の高所観覧を実現。さらにダイナミックな都市景観の創出にもつながり、大観覧車に続く、みなとみらい21地区の新名所となりそうだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。