人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社会課題に対する意識が高い!?Z世代とバブル世代の女性にみる意外な共通点

2020.04.29

つらいけど、周りに迷惑がかかるから休んじゃいけない」と無理に出社していないだろうか。日本人の「休まない美徳」意識は相当根強い。

メディプラスが全国7万人の女性に「休まない美徳」意識を調査したところ、「当てはまる」「やや当てはまる」をあわせ22.7%と、2割の女性が休まないことは美徳であると考えていることが判明した。

新型コロナウィルスが猛威をふるっている今だからこそ読んでおきたいこの調査結果。調査では、各世代別の「休まない美徳」意識の高さも明らかになった。ご自身の世代は「休まない美徳」意識は高い?

「Z世代」「バブル世代」女性に意外な共通点

もっとも「休まない美徳」意識が高かったのは、グレタ・トゥーンベリさんに代表されるように社会課題意識が高いと言われる「Z世代(26.6%)」、次いで「バブル世代(24.1%)」という結果に。

もっとも低かったのは「団塊世代(18.1%)」だが、すでにリタイアしている人が多いことが理由であると考えられる。

次に、休まない美徳意識に「当てはまる・やや当てはまる」女性の病気時の対応を「当てはまらない」女性の割合との比較で見てみよう。

上位は「休みたくないのでムリして会社に行く」(1.97倍)「病院に寄って出社しなるべく欠勤しない」(1.55倍)と続き、体調が悪くても仕事を優先してしまう傾向に。「栄養ドリンクを飲む」(1.38倍)「熱いお風呂に入ってたくさん汗をかく」(1.26倍)で乗り切り、「できる限り薬は飲まない」(1.15倍)のも、休まない美徳意識の低い女性よりも目立つ。

休まない美徳意識の高い女性が多いのはあの県

女性の休まない美徳意識に地域性はあるのだろうか。

「当てはまる・やや当てはまる」女性の割合を都道府県ランキングで見てみると、第1位は“かかあ天下”で知られる群馬女性(26.2%)、第2位は自立心の高さが特徴の香川女性(25.7%)、第3位は芯の強い栃木女性(25.4%)という結果になった。

調査概要

「ココロの体力測定2019」
方法|インターネット調査
期間|SCR調査 2019年3月16日~3月18日
(SCR調査)
対象|全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)
項目|15問
分析データについて|厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化
集計データについて|集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用

(本調査)

期間|2019年5月7日~10日
サンプル数|男性:1030人、女性:1030人

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。