人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スクール、教材、検定、子ども向けプログラミング教育関連サービスの業界カオスマップ

2020.05.03

2020年版子ども向けプログラミング教育関連サービスカオスマップ

2020年度からの「小学校でのプログラミング教育の必修化」やIT人材の不足を背景に、子ども向けプログラミング教育市場が急速に拡大中。

それに伴い最近では、プログラミング学習用教材の種類の増加や、子ども向けのプログラミング検定など、子ども向けプログラミング教育に関連した様々なサービスが登場している。

そこでGMOメディアは、子ども向けプログラミング教育に関わるサービスを整理することで、「これからプログラミングを習いたい/習わせたい」と考えている保護者および子どもが、必要な選択肢を見つけられるようカオスマップを作成した。

子ども向けプログラミング教育サービスを探している保護者の方はぜひ参考にしてほしい。

特に事業者の多い「プログラミングスクール」に関しては、「教室型」「通信・オンライン型」「短期・イベント型」の3つにカテゴライズ。

(1)プログラミングスクール

「教室型」、「通信・オンライン型」、「短期・イベント型」の3種類の形態があります。2010年以前のプログラミングスクールは、一部の企業が期間限定で行う「短期・イベント型」が主流で、「教室型」はそれほど多くなかった。

その後、小学校でのプログラミング教育の必修化を受け、2017年に「教室型」のスクールとして学習塾の参入が相次ぎフランチャイズ展開が進んだ結果、教室の数が急激に増加しました。2018年には鉄道や家電量販店など、教育業界以外からの参入も進んでいることも特徴として挙げられる。

(2)プログラミング教材

プログラミング教材は、大きく「ビジュアルプログラミング」と「ロボットプログラミング」に分けられる。「ビジュアルプログラミング」では、世界的に利用されているマサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」が教材の主流だ。

一方、「ロボットプログラミング」では、レゴ社の「教育版 レゴ(R) マインドストーム(R) EV3」、「アーテックロボ」、ソニーグローバルエデュケーションの「KOOV(R)」など様々な教材が生まれている。また、最近では、「Python」などの本格的な言語を学べるスクールも増えてきた。

(3)検定

学ぶだけでなく、「プログラミング」の習熟度を図るという新たなニーズも生まれ、子ども向けのプログラミング検定も創設されている。

※このカオスマップはコエテコが独自に作成したものであり、網羅性や正確性を完全に担保していない

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。