人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今なら無料でベータ版を楽しめる!自宅から参加して楽しめるヤマハのオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM」

2020.04.27

ヤマハは、離れていても自宅などから複数人で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を2020年6月頃に公開すると発表した。

「SYNCROOM」は、インターネット回線を介して遠隔地間の音楽合奏を実現し、複数のユーザー同士(最大5拠点)でオンラインセッションが楽しめるサービス。インターネット回線に繋がった自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を行なうことで、合奏に適したさまざまな機能を利用してオンラインセッションを無料で楽しむことが可能だ。

「SYNCROOM」アプリ画面イメージ ※開発中につき変更となる可能性があるとのこと

一般的なIP電話や遠隔会議システムは通話や会議を想定して設計されていることから、一定の音声の遅れが生じるため、こうしたシステムでは、互いの音を同時に聞きながら合奏することは難しいが、「SYNCROOM」では、インターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信を極力小さな遅れで実現する独自の技術を使用することで、遠隔地間でも違和感をほとんど感じることなく快適にオンラインセッションを楽しめるサービスを実現したという。

現在、「SYNCROOM」に先行して、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2 」を公開中。Windows/macOS版アプリケーションをダウンロードのうえ無料で利用することができるので、興味がある人は試してみよう。

なお、「SYNCROOM」のさらなる詳細や具体的な公開日については、公式サイトやニュースリリースを通じて発表するとのこと。

同社では、「新型コロナウイルスの感染拡大により多くの活動が制限される中、当社のサービスがご自宅等から安心して合奏を楽しむ一助となり、日常を少しでも明るいものに変えるきっかけとなればと考えています」としている。

関連情報
https://syncroom.yamaha.com/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。