人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マッサージ師1000人に聞く仕事の満足度と不満点

2020.05.01

マッサージ師1000人に聞いた「マッサージの仕事の現状」

足つぼ、あん摩、リフレクソロジー…「マッサージに行ってコロナ疲れを癒したい!」そんな人は多いはず。

マッサージのように人を癒す仕事はそうそう多くない。マッサージ師やエステティシャン、アロマセラピストとして活躍している人は自分の施術で人を癒せることに誇りを持っているだろう。

実際、在宅医療マッサージがマッサージ店に勤務している1,114人に「マッサージの仕事の魅力を教えてください」と質問したところ、『お客様が喜んでくれる(41.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『人の役に立てる(29.0%)』『一生もののスキルが身に付く(22.3%)』『コミュニケーションの輪が広がる(5.8%)』と続いている。

また、「この仕事をしていて良かったと思ったエピソードを教えてください」と質問したところ、

お客様の体調がよくなり、嬉しそうな顔を見られた時(30代/女性)

身体だけではなく心の調子まで整えられたと喜ばれました(30代/女性)

口コミでお客様が来てくれた時はとても嬉しい(40代/男性)

お客様の「ありがとう。これで、仕事に行ける」との言葉と笑顔(50代/男性)

などの回答が挙がった。

「人の喜ぶ顔や感謝の言葉を間近で見聞きできる」マッサージの仕事はそんな貴重な経験ができる素晴らしい仕事といえるだろう。

しかし、「現在の職場に満足していますか?」と質問したところ、約3割の方が『あまり満足していない(24.9%)』『全く満足していない(5.7%)』と回答している。

「何を不満に感じていますか?(複数回答可)」と質問したところ、『休日が少ない・自由に休みが取れない(46.4%)』という回答が次点の『給与が低い(44.8%)』を僅差で上回り、最も多い結果となった。

どちらも半数近くの票が集まっており、マッサージの仕事の過酷さが浮き彫りに。

以降、『残業が多い(28.6%)』『スキルアップが望めない(17.9%)』『雑務が多い(12.8%)』と続いている。

今回の調査で、マッサージの仕事の大変さと素晴らしさの両面が明らかになった。給与が低い、休みが取れないといった現状に満足できなければ、転職や独立など、次のステップを踏み出すことを検討することも一つの手だろう。

「マッサージの仕事の現状」に関する調査

調査期間:2019年12月24日(火)~ 2019年12月26日(木)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,114人
調査対象:マッサージ店に勤務している方
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。