人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中小企業経営者1000人に聞く実施中の新型コロナ対策TOP3、3位テレワーク、2位時差出勤、1位は?

2020.04.27

いまだ終息の目途がつかないコロナ禍。多くの企業が経済的打撃をこうむり、中小や零細企業の中には、倒産や事業停止に陥るといったケースも出始めている。

そこで今回、株式会社日本シャルフによる、従業員100名以下の中小企業経営者1,023名を対象にした「新型コロナウイルスへの対策」に関する調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

4社中3社が「コロナ対策を行っている」

はじめに、「あなたの会社の業種は何ですか?」と尋ねる調査が行われたところ、「製造(18.7%)」「卸売・小売(15.1%)」「建築・土木・建設(11.2%)」「IT・コンピュータ(8.1%)」「不動産(7.9%)」「医療・介護・福祉(6.1%)」「専門職(5.6%)」「運輸・物流(5.1%)」「宿泊・飲食サービス(3.3%)」「教育・学習支援(3.0%)」「金融・保険(2.8%)」「レジャー・エンタメ(2.5%)」「電気・ガス・水道(2.2%)」「マスコミ・出版(1.7%)」という結果になった。

次に、「現在、会社ではコロナ対策を行っていますか?」と尋ねる調査が行われたところ、7割以上が「している(75.4%)」と回答した。

「具体的にどのようなコロナ対策を行っていますか?」という質問に対しては、「マスクや消毒用アルコールなどの設置(49.4%)」との回答が最も多く、以降、「時差出勤(15.6%)」「在宅・テレワーク(15.2%)」「外出や対面の会議を避ける(9.6%)」「来訪者管理の徹底(7.5%)」「休業(1.6%)」と続いた。

感染リスクを抑えるために、さまざまな対策を講じていることが伺える。

コロナ対策課題、「マスクや消毒用アルコールの不足」が最多

「コロナ対策を行うにあたって、どのような点が課題でしたか?」と尋ねる調査が行われると、「マスクや消毒用アルコールの不足(59.0%)」という回答が最も多く、以降、「業務計画の見直し(18.2%)」「テレワーク用のシステム導入(13.8%)」「労務管理(7.8%)」と続いた。

マスクや消毒用アルコールは、依然として品薄状態が続いているので、やはり確保は難しいようだ。具体的な意見としては以下の通り。

■テレワーク用のシステム導入で課題が生じた理由

・個人用ノートPCの確保やテレワークの方法確定(40代/男性/千葉県)
・在宅勤務でのセキュリティ問題(50代/男性/東京都)
・テレワークを導入したのが初めてだったので分からないことばかり(60代/男性/大阪府)
・意思疎通が難しくなった(60代/女性/神奈川県)

■労務管理で課題が生じた理由

・在宅勤務を初めて活用したので少し混乱を招いた(30代/女性/東京都)
・作業が順調に進まない(40代/女性/埼玉県)
・出勤管理をどのように行えばいいか(50代/男性/愛知県)
・人数が多く管理が難しい(50代/男性/東京都)

さらに「課題をどうやって解決しましたか?」と尋ねる調査が行われたところ、最も多かったのが「解決できていない(36.6%)」だった。以降、「テレワーク用のシステム導入(29.3%)」「追加融資(9.8%)」「労務管理システムの導入(9.8%)」「社労士への相談(8.5%)」と続く。

今回の新型コロナウイルスへの対策として在宅勤務やテレワークを導入した企業とその課題が見えてきたが、柔軟な対応ができるように、就業規則の変更や追加を行った企業の割合はどのくらいなのだろうか。

そこで、「コロナ対策を行うにあたり、就業規則の変更や追加などは行いましたか?」と尋ねる調査が行われたところ、3割以上が「はい(35.4%)」と回答した。

また、「就業規則の変更や追加について、社労士に相談しましたか?」と尋ねる調査が行われたところ、4割が「はい(41.5%)」と回答。

最後に、「社労士に相談して良かったことは何ですか?」と尋ねる調査が行われると、「迅速な対応ができた(48.5%)」という回答が最も多く、次いで「プロだからこそ把握している情報を得ることができた(42.7%)」「手続きまで一任できた(8.8%)」となった。

今回の新型コロナウイルスのような想定外の事態への対応には速さと確実さが求められる。プロである社労士に相談することで、その両方が叶えられるかも知れない。

調査概要 : 「新型コロナウイルスへの対策」に関する調査
【調査期間】2020年3月27日(金)~ 2020年3月30日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,023人
【調査対象】従業員100名以下の中小企業経営者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:株式会社日本シャルフ
https://www.shalf.jp

構成/こじへい

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。