人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性が実際に被害に遭ったことがある犯罪TOP3、3位ネットトラブル、2位ストーカー、1位は?

2020.04.25

痴漢、ストーカー、SNS悪用など、身近に起こり得る犯罪被害。特に、女性はそういった犯罪やトラブルに巻き込まれやすい。セコムが10代以上女性(12-19歳、10-20代学生、20-29歳、30-39歳/女性各50名の計200名)を対象に「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施したところ、5割以上の女性が犯罪被害の不安を感じ、3割以上が実際に犯罪被害を経験していることが明らかになった。

女性が実際に遭った「犯罪被害ランキング」

その内容は「痴漢(不安を感じた:30.5%、被害にあった:21.5%)」、「ストーカー(不安を感じた:24.0%、被害にあった:8.0%)」、「ネットでのトラブル、SNS悪用(不安を感じた:23.0%、被害にあった:6.0%)」が、不安を感じたこと、実際に犯罪被害にあったことの両方で上位3位という結果だった。

実際に犯罪被害にあった女性にどのような対応をしたか【図2】を聞いたところ、「何もできなかった」と回答した人が49.0%と最も多い結果になった。また、「護身グッズや防犯グッズを活用した」と回答した人は0人と、女性の防犯対策としての導入や活用が浸透していないことが明らかに。

ネットでのトラブルやSNS悪用の被害にあった女性に、具体的にどのような被害を経験したか【図3】を聞いたところ、「アカウントの乗っ取り(33.3%)」、「ネットいじめ、SNSいじめなどの誹謗中傷(33.3%)」が昨年から2年連続で最も多い回答になっている。

ネットでのトラブルやSNS悪用の被害対策【図4】を聞いたところ、「PC、スマホにパスワードを設定(50.0%)」が1位。一方、被害にあっても「特に対策をしていない(8.3%)」と回答する人もいた。

最後にオススメのサービスを紹介したい。それが、GPSを使った位置情報提供システム「ココセコム」。大切な人や物の位置が確認できるほか、ボタンを押すだけで万一の時はセコムへ通報でき、要請に応じて警備員が駆けつける。

暗い夜道などで不安なときは自動通報機能「みつめてコール」をセットすると安全な場所までセコムが見守る。不安を感じている人はぜひチェックしてほしい。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。