人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

かがり火系焚き火台の作り方、モーラナイフの使い方、サボり飯の作り方、賢人たちが伝授するキャンプライフの便利ワザ

2020.05.04

アウトドアの達人による連載「大森弘恵のアウトドアへGO!」で反響の大きかった記事を@DIMEから4本を厳選して紹介しよう。

アウトドアへGO!

ベアーズ島田キャンプが指南!ソロキャンプにおすすめのかんたんでおいしい「サボり飯」作り方

キャンプでは料理が大きな楽しみのひとつ。 大好きな景色を眺めながらだと、ただ肉を焼いただけなのに満たされる。少しくらい焦げていてもそれがうまみだと思えるから不思議だ。 けれども、キャンプを続けていると、いつしか「料理で仲間を驚かせたいけれど、食材や調味料をいろいろそろえるのは大変そうだし、調理の工程が複雑なのは面倒」という葛藤が生まれる。普段、料理をしない人ならなおさらだ。

【参考】https://dime.jp/genre/868589/

1000円でできる!キャンプ場でよく見る「かがり火系焚き火台」の作り方

焚き火人気の高まりとともに、いろいろな形の焚き火台が販売されている。 従来からあるシンプルな箱型はもちろん、最近は本体がメッシュやスケルトンなど小さな炎をも愛でられるものが増えている。 ロースタイルのキャンプが主流の今、焚き火台も低め+防炎シートを使うスタイルが増えているのだが、ガレージブランドから吊り下げタイプの焚き火台が発表されており、かがり火のように高い位置から揺れる炎で周囲を照らすキャンパーもちらほら。 そこで、かがり火系焚き火台の魅力を探ってみた。

【参考】https://dime.jp/genre/828639/

1本あるとめちゃ便利!クラフト、調理、救命救急、マルチに使える「モーラナイフ」でできること

5月末、スウェーデン王室御用達ナイフ「モーラナイフ」の世界観を体感できる「モーラナイフ・アドベンチャー2019」が本社そばの森で開催された。 世界各地から集まったアンバサダー10名によるワークショップは9つ。★印のものから3つを選択し、無印は全員が体験できるというシステムだ。

【参考】https://dime.jp/genre/726226/

モーラナイフ・アドベンチャーで見たスウェーデンの最新キャンプ事情

古くからスウェーデンで生産された鋼は「スウェーデン鋼」と呼ばれ、これを使った刃物は「高品質」とされてきた。 そんなスウェーデンの「刃物の街」と知られているのがダーラナ県のモーラという小さな街だ。人口は約2万人。日本を代表するテーマパークの平日入場者数よりも少ないくらいと言えばイメージがつくだろうか。そんなのどかな街から世界中のキャンパーが愛用するブランドがある。「モーラナイフ」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/726172/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。