人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

歯周病の人や1日9時間以上寝る人はリスクが高い!?脳梗塞、脳卒中に関する最新研究レポート

2020.04.29

世界で行われている脳梗塞・脳卒中に関する研究ニュースを4つ厳選して紹介しよう。

ベジタリアン食は脳卒中リスクが高まる?

歯周病のある人は脳梗塞のリスクが高まる可能性、米サウスカロライナ医科大学研究

歯周病がある人では、動脈硬化が進行し、脳の血管の一部が閉塞して発症する脳梗塞のリスクが高まる可能性があることが、米サウスカロライナ医科大学臨床神経学部長のSouvik Sen氏らが行った2件の研究から示された。 歯周病と他のリスク因子を同時に治療すると、脳動脈内のプラーク蓄積や血管閉塞が抑えられ、結果として脳梗塞の予防に役立つ可能性があるという。

【参考】https://dime.jp/genre/868052/

一晩で9時間以上寝る人は脳卒中リスクが高まる可能性、中国・華中科技大学研究

一晩に9時間以上寝たり、90分以上の昼寝をしたりする習慣のある人は、脳卒中を起こしやすい可能性があることが、華中科技大学(中国)産業医学教授のXiaomin Zhang氏らの研究から示された。 夜間の睡眠時間と昼寝の時間がどちらも長い人は、特に脳卒中の発症リスクが高いことが分かったという。研究結果の詳細は、「Neurology」12月11日オンライン版に掲載された。

【参考】https://dime.jp/genre/837876/

脳卒中の後、職場に復帰できるかどうかは歩行速度がカギに、英マンチェスター・メトロポリタン大学研究

脳卒中を経験した若年成人では、歩行速度が職場復帰できるかどうかのバロメーターになるかもしれない。 そんな研究結果が英マンチェスター・メトロポリタン大学のHannah Jarvis氏らにより報告された。 1秒間に0.93m歩けるかどうかが、日々の業務に対応できるかどうかを予測する閾値になるという。研究の詳細は、「Stroke」9月26日オンライン版に掲載された。

【参考】https://dime.jp/genre/787831/

ベジタリアン食は心臓の健康にはよいが脳卒中リスクが高まる、英オックスフォード大学研究

野菜中心で肉を食べないベジタリアン食は、心臓の健康には良いが、脳卒中リスクはわずかに高まる可能性があることが、英オックスフォード大学ナッフィールド保健省のTammy Tong氏らの研究で明らかになった。 研究では、肉を食べる人に比べて、ベジタリアンでは心疾患リスクが22%低下した一方で、脳卒中リスクは20%高まることが示された。一方、肉は食べないが魚を食べる人(ペスカタリアン)では心疾患リスクは低く、脳卒中リスクの上昇は認められなかったという。研究結果の詳細は「BMJ」9月4日号に掲載された。

【参考】https://dime.jp/genre/776026/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。