人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お金の稼ぎ方が変わる!?覚えておきたい同一労働同一賃金、情報銀行、キャッシュレス化、最新マネートレンド

2020.05.09

世の中は新型コロナウイルスのニュースばかりだが、その中でも次々と新たなサービス、制度が生まれている。そして、その中には私たちの今後の収入に大きな影響を与えるものも…。

今回は@DIMEの記事の中から将来の収入に関わる新たな仕組み、サービスの解説記事をピックアップしました。

4月から始まる「同一労働同一賃金」制度によって、正規社員と非正規社員の格差は是正されるのか?

「同一労働同一賃金」が4月から始まる。企業の準備は進みが良くない中、非正規労働者の格差は本当に改善されるのだろうか。 「パートタイム・有期雇用労働法」という法律が2020年4月から施行になり、その中で「同一労働同一賃金」が規定されている。中小企業は2021年4月からの施行である。

【参考】https://dime.jp/genre/877496/

個人情報を企業に提供して対価を得る「情報銀行」をユーザーは安全に利用できるのか?

自分の職業や年収といった属性情報や、趣味や好きな食べ物といった生活様式に関する情報を登録しておき、その情報を欲しがる企業に提供することで対価を得る仕組み。  それが情報銀行である。  我々が日々の生活の中で利用しているインターネット上のサービスから、気づかないうちに行動に関する情報が取得されている世の中で、個人が能動的に情報提供先を決定できるというのがポイント。

【参考】https://dime.jp/genre/823356/

20~50代の8割が感じる老後不安、高まる資産運用への関心と実態

調査対象の8割の人が自らの老後について不安を感じ、働く世代である20代から50代が「お金」のことを一番不安に思っている。  そんな調査結果がメットライフ生命より、11月26日に発表された。8月に同社が「老後を変える」というテーマで、全国に在住する20歳~79歳の男女14,100人を対象に調査を行った結果である。

【参考】https://dime.jp/genre/814779/

増税後に現金決済が増えた人は実は節約が上手な人だった!?

QRコード決済は消費増税を機に使い始める人が多かったが、利用状況はクレジットカードや交通系電子マネーには勝てない。ましてや最も利用割合が多いのは未だに現金。  株式会社ICT総研(以下、ICT総研)が11月28日に発表した調査結果レポート「消費増税後のキャッシュレス決済利用状況調査」では、4,190人にWebアンケート調査を実施。調査対象のうち85.8%がキャッシュレス決済を普段利用しているという。

【参考】https://dime.jp/genre/816835/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。