人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IHにも対応!少量の湯沸かしに便利な急須兼用の南部鉄瓶

2020.05.10

[岩鋳]鉄瓶兼用急須

小型なれども伝統的なアラレ柄の南部鉄瓶。

 南部鉄器(岩手県)は、17世紀の中頃に南部藩主が京都から釜師を招き、茶釜を作らせたのが発展の始まりといわれる。その茶釜を小ぶりにして日用で使えるようにしたのが南部鉄瓶である。

ステンレス製の茶こしが付くので、茶葉を入れて急須として使うことができる。この場合は、別途沸かした湯を注ぐ。

 ここに紹介する鉄器は、南部鉄瓶をさらに小さくし、急須にも使えるようにした。アラレ柄の堂々たる鉄瓶であるが急須にもなるという、遊び心とアイディアが溢れる品である。

IH調理器にも対応し、ガスの直火にもかけられる。夫婦ふたり分のコーヒーや紅茶など、少量の湯が必要なときに重宝する。

 直火にかけられるので、少量の湯を沸かすのにちょうどよい。適正容量の500mlであれば、コーヒー2杯分程度はまかなえる。付属の茶こしを使えば、食卓の急須としても活躍する。

[岩鋳(日本)]
鉄瓶兼用急須 9,350円

適正容量500ml。鋳鉄黒焼き付け仕上げ(本体)、鍛造鉄(つる)、ステンレス(茶こし)。幅約16×奥行き約14×高さ(持ち手含む)約14.5cm、約1.33kg。IH対応。電子レンジ、食洗機使用不可。日本製。

■関連情報はこちら

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。