人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ZWIFT、Strava、TrainerRoad、Kinomaなどサードパーティアプリも連携できるTacxのバイク一体型スマートトレーナー「NEO Bike Smart Trainer」

2020.04.23

Garminは、2019年米国ガーミンが買収したサイクルインドアトレーナーメーカーTacxの、日本市場での販売取り扱いを本年4月より順次開始した。

Garminがサイクリングコンピューターやパワーメーターで培ってきた経験と、優れたインドアトレーナーのTacxのシナジーを生かし、注目されるインドアサイクリング市場で、シェア拡大を目指すという。

また、新製品として、バイク一体型スマートトレーナー「Tacx® NEO Bike Smart Trainer」の発売を4月中旬より順次開始。

株式会社日直商会が本製品の専属代理店としての業務を執り行い、購入やアフターサービスの窓口は全国の自転車販売店となる。

1957年にオランダで創業したTacxは、2000年に初のパソコンと接続することができるトレーナーを開発したメーカーだ。現在ではインドアトレーナーやアクセサリー類のグローバルブランドとして、君臨し続けている。

Tacxの提供するサイクルインドアトレーナーは、スマートフォンなどに連携できる「スマートトレーナー」、レバーによる手動で負荷コントロールをする「ベーシックトレーナー」がある。

「スマートトレーナー」は、様々なアプリと連携することが可能。Tacxトレーニングアプリだけではなく、ZWIFT、Strava、TrainerRoad、Kinomaなどサードパーティ製アプリを利用することが可能だ。

またTacxトレーニングアプリには、Tacxクラウドに統合されており、いつ、どのデバイスでトレーニングを行なっても全てのデータが記録され、同期することができる。

関連情報:https://www.garmin.co.jp/products/intosports/tacx-neo-bike-smart-trainer/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。