人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高校サッカー選手権決勝を戦った名コンビ、Jリーガー、日本代表、輝かしい成績を収めたサッカー選手たちの気になるセカンドキャリア

2020.04.22

プロサッカー選手の引退平均年齢は25、26歳と言われている。大半の選手にはその後長い人生が待っている。ここでは、第一線で活躍したサッカー選手がその後送っているセカンドキャリアについて取材。5人が登場する。

海外進出、クラブ経営、会社員など様々だ

「サッカー界での経験値を可視化するのが僕の役割です」クラブ経営、解説者、博士論文執筆と複数の草鞋を履く松原良香さん

新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ界全体が大きな影響を受けている。東京五輪が1年延期になったばかりでなく、サッカー日本代表も3・6月の2022年カタールワールドカップアジア2次予選が中止。Jリーグも4度の再開延期を経て、現在はいつ試合ができるか全く分からなくなっている。

【参考】https://dime.jp/genre/897242/

伝説の高校サッカー選手権決勝を戦った東福岡の最強CBコンビは今…金古聖司&千代反田充のセカンドキャリア

新型コロナウイルスの感染拡大で世界中のサッカー界が甚大な影響を受けている。日本では2月にJリーグが開幕したものの、21~23日の開幕節を消化したところで中断が決定。その後、4度も再開が延期され、今は全てのスケジュールが白紙になっている。

【参考】https://dime.jp/genre/894479/

人とは違うセカンドキャリアを求めてオーストラリアへ、サッカー元日本代表・田代有三さんの今

新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大し、サッカー界も甚大な影響を受けている。国内ではすでにJリーグが3月中の再開を断念。4月3日の再開を目指すことになったが、それも現状では確実と言い切れない情勢だ。日本代表も3月末に組まれていたA代表とU-23代表の合計4試合が中止。東京五輪の貴重な強化時間が失われ、森保一監督も頭を痛めているに違いない。

【参考】https://dime.jp/genre/875088/

第2の人生を模索する元Jリーガー・渡邉大剛が見つけた「1.5キャリア」

サッカースクール経営やクラブ運営、ファンド設立など複数ビジネスを掛け持ちしながら、新天地・ボタフォゴでオーバーエージ枠での東京五輪出場を目指す本田圭佑を筆頭に、二足の草鞋を履くサッカー選手が増えている。長友佑都(ガラタサライ)や小林祐希(ワースランド・ベフェレン)らも会社経営に乗り出すなど、彼らは第2の人生の準備に余念がないようだ。

【参考】https://dime.jp/genre/855484/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。