人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年上半期に登場した熟成度の高い国産SUV4選

2020.04.21

人気を継続しているSUVは今年上半期に続々と新型や特別仕様車などが登場・発売されている。ここでは5車種を紹介する。

インドネシア向けSUVもクール

ブロンズ塗装のアルミホイールの重厚感がカッコいいレクサス「NX300」の特別仕様車Bronze Edition

LEXUSは、NX300に特別仕様車“Bronze Edition”を設定、UX200に特別仕様車“Blue Edition”を設定した。NXの特別仕様車はNX300“I package”をベースに、ブロンズ塗装のアルミホイールを採用。LEXUS独自の塗装により、繊細かつ重厚な金属質感を表現している。

【参考】https://dime.jp/genre/882885/

SUVのデザインとMPVのゆとりある室内空間を追求したインドネシア向けスズキの7人乗りクロスオーバー「XL7」

スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)は、SUVのデザインとMPV(多目的乗用車)の利便性を融合させた、3列シート7人乗りクロスオーバー車の新型「XL7」(エックスエルセブン)を発表した。 新型「XL7」は、力強いフロントフェイスや張り出しの強いフェンダーモールなどSUVらしいタフなスタイリングと、多彩なシートアレンジやゆとりある室内空間などMPVの使い勝手の良さを融合した、活動的な家族に向けた新しいクロスオーバー車。

【参考】https://dime.jp/genre/861930/

マツダが「CX-30」にガソリンの伸びの良さとディーゼルの燃費、トルクを実現した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載モデルを追加

マツダは、独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて実用化した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)」を搭載するクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を発売した。

【参考】https://dime.jp/genre/845180/

航続距離は400km!スマホと連携する最新のコネクティッド技術が注ぎ込まれたレクサス初の電気自動車「UX300e」

LEXUSは、中国・広州で開催された広州モーターショーで、LEXUS初の電気自動車(EV)市販モデル「UX300e」を世界初公開した。2005年のRX400h発売以降、LEXUSは電動化技術のパイオニアとして、常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求してきた。 2019年の東京モーターショーにおいては、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、クルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表した。

【参考】https://dime.jp/genre/840378/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。