人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モラハラや家庭内暴力による離婚増、生活習慣病につながる幼少期の逆境体験、社会問題化するDV関連ニュース4選

2020.04.28

外出自粛のストレスでDV増加を危惧するニュースも流れているが、モラハラや家庭内暴力などのDVが原因での離婚も増えている。

モラハラ、被害者と加害者の特徴とは?

あなたは大丈夫?DV男性に惹かれてしまう女性の7つの特徴

2017年全国の警察に寄せられた、配偶者からのDVの相談等件数は、過去最高の72,455件。DV防止法が施行された2001年と比較すると、約20倍にも伸張している。警察に相談をしていない場合や、交際中の恋人同士の間で起こる「デートDV」を合わせるとその数はさらに増加する。

【参考】https://dime.jp/genre/669816/

想像以上に多い離婚後のトラブル、トップは?

国民生活白書によると、男性側の離婚申立理由として多いのが「性格が合わない」という理由であり、女性側の離婚申立理由が「暴力を振るう」「生活費を渡さない」等の理由であるとされている。だが、以前と比べると「結婚しても相手に満足できない時は我慢せずに離婚したほうがよい」という考えを持つ人の割合は増えており、それに伴い離婚件数も増加傾向にある。

【参考】https://dime.jp/genre/356972/

夫婦間のモラハラの実態、被害者と加害者の意外な特徴とは?

モラル・ハラスメントとは、精神的な暴力、嫌がらせのことをいい現在ではDVのひとつとされている。近年精神的な虐待や嫌がらせである「モラルハラスメント」が理由で離婚する夫婦が増加傾向にある。モラル・ハラスメントの被害者は、加害者から「おまえに責任がある」とか「あなたが悪い」と責められ続ける日常にあることが多いと言われている。

【参考】https://dime.jp/genre/398564/

幼少期の逆境体験が生活習慣病リスクにつながる、東京医科歯科大学大学院研究

子どもの頃に逆境体験(過酷な体験)をした人は成人後の主観的健康観が低く、生活習慣病の有病率が高いとする国際研究の結果が明らかになった。 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男氏らの研究グループの報告で、詳細は「BMJ Open」に8月20日オンライン掲載された。

【参考】https://dime.jp/genre/774731/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。