人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親より意識が高い!?イマドキの中高生の8割以上が検定・資格を取得

2020.04.22

現代の子どもが取得している検定・資格の種類

増進会ホールディングスが小学1年生~高校3年生の子どもを持つ保護者785人に、子どもが現在取得している検定・資格があるかを聞いたところ、小学生の保護者の53.8%、中高生の保護者の80.6%が「ある」と回答した。中高生では、実に5人に4人以上が、何らかの検定や資格を取得していることが分かった。

それでは、今の小中高生が最も取得している資格とは何か?

今回は「今後、子どもが小・中・高生の間に取得してほしい検定・資格の種類」についても合わせて紹介しよう。

子どもが取得している検定・資格の種類を教えてください。(n=518(うち小学生210、中高生308)、複数回答方式(あてはまるものすべて))

子どもには、取得している検定・資格があると回答した保護者を対象に、子どもが取得している検定・資格の種類を聞いたところ、小学生が最も多く取得している資格は「日本漢字能力検定(漢検)」、次いで「日本英語検定(英検、英検Jr.)」だった。中高生では、「日本英語検定(英検、英検Jr.)」が多く、検定・資格を取得している中高生のうち、実に84.4%が英検を取得していることが明らかとなった。

子どもが検定・資格を取得する目的を教えてください。(n=518(うち小学生210、中高生308)、複数回答方式(あてはまるものすべて))

子どもには、取得している検定・資格があると回答した保護者を対象に、検定・資格を取得する目的を聞いたところ、小学生の保護者の65.7%が「学習や習い事で身につけた知識やスキルの定着度合いを測るため」と回答した。中高生では、「入試に役立てるため」が最も多く、検定・資格を持っている中高生の保護者の64.6%にのぼった。

高校入試や大学入試では、検定や資格を活用した入試も広がっているため、進学を目的とした資格取得が多いと考えられる。

今後、子どもが小・中・高生の間に取得してほしい検定・資格の種類を教えてください。(n=246(うち小学生173、中高生73)、複数回答方式(あてはまるものすべて))

子どもが検定・資格を取得していない保護者に、今後、子どもが小・中・高生の間に取得してほしい検定・資格の種類を聞いたところ、小学生・中高生ともに「日本英語検定(英検、英検Jr.)」が最も多い結果となった。

調査概要

調査対象:小学1年生~高校3年生の子どもを持つ栄光モニター会員(栄光ゼミナール・栄光の個別ビザビ・大学受験ナビオに通塾する保護者)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年11月13日(水)~11月27日(水)
回答者数:785名(うち、小学生:394名(50.2%)  中高生:391名(49.8%))

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。