人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で急速に浸透したテレワーク、企業が本格導入する時に整備が必要な3つの環境

2020.05.28

オンライン会議ツール

テレワークを本格導入する際に押さえるべきなのが「コミュニケーションツール」「システム/セキュリティー」「労務管理/人事制度」の3点だ。それぞれの導入ポイントやよくある失敗、トラブルへの対処法について、働き方改革を推進するコンサルタント越川慎司さんに聞く。

まずは始業や終業などの連絡体制から整える

 上述した3点のうち、企業側がまず着手すべきは「労務管理/人事制度」だと越川さんは話す。

「勤怠管理のポイントは、毎日の業務を自発的に〝見せる化〟すること。社員から毎日、朝と夕にチャットやメールで『始業・終業』の宣言をしてもらえば、上司や管理側も進捗がわかり、お互いの不安が払拭されて〝心理的安全性〟の確保にも役立ちます。なお、就業規則・雇用契約書・業務委託契約書の働く場所が『職場』に限定されている場合は『職場以外』を含めるような変更手続きが必要です」

 次に検討すべきは「システム/セキュリティー」の見直しだ。

「『ガチガチのセキュリティーポリシー』が業務の支障になっていることがあります。対策としては、セキュリティーポリシーを『VPN(仮想専用線)で暗号化しつつ、アクセスを制限する』『VPNで暗号化』『暗号化なし』の3段階で、アクセスできるデータを見直しましょう。なお『社員全員が同時に社内データにアクセスできない』というトラブルには社内ネットワークの拡張で対応してください」

 最後に「コミュニケーションツール」の重要性や導入ポイントを、越川さんは次のように話す。

「テレワークがうまくいっている企業の共通点は〝情報共有〟より〝感情共有〟を重んじ、チャットで腹を割って話せるなど、社員の『心理的安全性』が確保できていることが挙げられます。どんなツールを選ぶべきかは、職場メンバーのITリテラシーに応じた『使いやすさ』と『グループウェアとの親和性の高さ』を元に、皆で話し合って決めましょう」

越川慎司さん

クロスリバー
越川慎司さん
クロスリバー代表として働き方改革を支援。執行役員を務めるキャスターではテレワークにおけるITツール浸透支援を行なっている。

【STEP1】就業規則の確認/勤務時間の〝見せる化〟

テレワークで利用できる勤怠管理ツールがない場合はクラウドサービスなどを活用し、記録を残して上司に報告する。密に連絡を取る体制を整えることで、お互いの信頼を深めたい。

便利なテンプレートが揃う業務報告アプリも要チェック

業務報告アプリ業務報告アプリ業務報告アプリ

勤怠管理を効率化するには、各種業務の報告に関するテンプレートを用意する「Check-in」のような業務報告アプリを使うのも手だ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。