人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークの効率を上げる便利アイテム、デスクライト、PCスタンド、姿勢矯正クッションのおすすめ9選

2020.05.24

『スマートLEDデスクライト』

どんなに大画面のノートPCを用意し、周辺機器を揃えたとしても、仕事を行なう環境自体が整っていなければ、普段どおりのパフォーマンスを発揮することはできない。手元の明るさを保ち、操作しやすいポジションにノートPCをセットして、正しい姿勢をキープするためのアイテムを紹介する。

作業環境構築アイテムの選択条件

□ ライトは作業に向く照らし方ができるもの
□ PCスタンドは簡単にたためるもの
□ クッションは正しい姿勢をキープできるもの

作業環境構築アイテムの選択条件

デスクライトは作業用の点灯モードなどを備えるモデルを選べば、パフォーマンスの向上にもつながる。PC用スタンドは設置や撤収がラクな収納式を選びたい。

周辺機器が実現するよりスムーズなWeb会議

 職場と自宅の環境を比べた時、大きく異なるのが明るさだ。JIS照明基準により、例えば、事務室では750lx以上という推奨の照度が定められている。企業における多くの職場では同推奨照度を満たしている一方、自宅ではそれよりも低いことのほうが多い。そのため、作業環境の明るさを保つデスクライトは必須だ。

 また、ノートPC用のスタンドも用意したいところ。特にテレワークの専門家の成瀬さんも愛用する、PCの底面に貼り付けておけるタイプが便利だ。

「手軽に使えて、すごく便利! キーボード面に適度な傾斜がつき、タイピングしやすくなるんです。画面とともにカメラの位置も高くなるので、Web会議の時には目線を合わせやすくなりますよ」

 椅子にセットするだけで楽に腰掛けられる姿勢矯正クッションも成瀬さんイチ押しのアイテムだ。

「リビングの椅子にのせて使えるのが便利。腰が悪くて使い始めたら、すごくラク! あるとないとでは疲労度も全然違いますね」

成瀬さん

「姿勢矯正クッションは座卓で仕事する際の座椅子として使えて便利」(成瀬さん)

作業をサポートする高機能デスクライト

『Dyson Lightcycle Morph(ライトサイクル モルフ』

ダイソン『Dyson Lightcycle Morph(ライトサイクル モルフ』デスクライト
オープン価格(実勢価格約6万6000円)

ヘッド、アーム、支柱が、それぞれ360度回転する仕組み。デスクライトやスポットライトのほか、間接照明としても利用できる。内蔵の輝度センサーで、作業空間の明るさを一定に保てるのも便利だ。専用アプリとの連携で、シーンに合わせて最適な光量や光色に設定可能。

●消費電力/約11.2W ●光束/非公表 ●演色性/90Ra ●色温度/2700~6500K
●定格寿命/18万1000時間  ●サイズ/W414.4×H523×D200.2mm ●重さ/約3.5kg

『スマートLEDデスクライト』

プラススタイル『スマートLEDデスクライト』5200円(税込み)

スマートスピーカーとの連携が可能。電源のオンオフ、調光、調色などを、音声でも操作できる。また、一定の時間間隔でライトを点滅させるインターバルタイマーを用意。仕事のオンオフを切り替えるのに便利だ。高演色設計で、目にやさしい柔らかい明かりを灯す。

●消費電力/約7W ●光束/約430lm ●演色性/85Ra ●色温度/2700~6500K
●定格寿命/2万5000時間 ●サイズ/W120×H414×D427mm ●重さ/約0.74kg

『LEDデスクライト』

AUKEY(オーキー)『LEDデスクライト』LT-ST31 5888円

平面かつワイドに照射する設計で、光ムラや多重影の発生が少なく、長時間快適に仕事ができる。明るさや色温度は、ベース部に配置されたタッチセンサーで自在に調整可能だ。本体にはUSB端子を備え、スマホやタブレットなどの充電にも利用できる。本体はアルミ製。

●消費電力/10W ●光束/全灯550lm ●演色性/非公表  ●色温度/2700~6500K
●定格寿命/4万時間 ●サイズ/W320×H415×D200mm ●重さ/0.95kg

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。