人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サボる心配より働きすぎにこそ注意が必要なテレワークの課題

2020.05.16

新型コロナウイルスの深刻な影響により、テレワークへの移行が加速している。今まさに在宅で勤務している人も多いだろう。そんな自宅での作業が驚くほど捗る最強&快速のアイテムやツールを、テレワークの専門家・成瀬岳人さんのコメントとともに紹介。導入することで、仕事のパフォーマンスをフルに発揮できるようになるはずだ。  「多くの日本人は仕事はオフィスで行ない、自宅では休息するという傾向にあります。そのことが、これまでにテレワークへの移行がなかなか進まなかった原因と考えています。ただし今回の新型コロナウイルスの影響で、テレワークを導入する企業が一気に増えました。感染の拡大に〝終わりが見えない〟ことから、本腰を入れたテレワークの環境づくりが必要になってくるでしょう」   そう話す成瀬さん自身、在宅勤務することが多くなったとか。自ら実践する立場から、テレワークで心がけるポイントを聞いた。  「在宅勤務に移行すると、サボる人が多くなると考えられがちですが、日本人はむしろ、働きすぎる人が増えるとみています。そのため、まずは意識的に休息を取るようにしましょう。また、仕事の予定を詰めすぎないことも重要。私の場合、共有しているスケジュールに予定をどんどん入れられないようにしています。ちなみに、会社で導入しているリモートデスクトップシステムは、22時を過ぎるとアクセスできなくなります。ひとえに深夜業務を防ぐためのもので、こうした設定を活用しつつ、超過勤務を防ぐといいでしょう」  テレワークは働きすぎに要注意!  パーソルプロセス&テクノロジー ワークスイッチコンサルティング ゼネラルマネージャー 成瀬岳人さん 2010年からテレワークに関する先行研究を進め、2015年に総務省が開始した「テレワークのモデル実証事業」に専門家として参加。以降、ワークスイッチ=働き方の転換をメッセージとして発信しながら、企業の働き方改革支援に関する活動を行なっている。  テレワークに関するアンケート(ペーパーロジック調べ)では、コミュニケーション、承認や決裁、Wi-FiやPCといった課題が挙げられている。このような結果をふまえ、本特集ではコミュニケーションの難しさを解決するWeb会議などのツール、承認や決裁などに関する企業システム、Wi-FiやPCなどのガジェットを取り上げていく。  取材・文/編集部

新型コロナウイルスの深刻な影響により、テレワークへの移行が加速している。今まさに在宅で勤務している人も多いだろう。そんな自宅での作業が驚くほど捗る最強&快速のアイテムやツールを、テレワークの専門家・成瀬岳人さんのコメントとともに紹介。導入することで、仕事のパフォーマンスをフルに発揮できるようになるはずだ。

「多くの日本人は仕事はオフィスで行ない、自宅では休息するという傾向にあります。そのことが、これまでにテレワークへの移行がなかなか進まなかった原因と考えています。ただし今回の新型コロナウイルスの影響で、テレワークを導入する企業が一気に増えました。感染の拡大に〝終わりが見えない〟ことから、本腰を入れたテレワークの環境づくりが必要になってくるでしょう」

 そう話す成瀬さん自身、在宅勤務することが多くなったとか。自ら実践する立場から、テレワークで心がけるポイントを聞いた。

「在宅勤務に移行すると、サボる人が多くなると考えられがちですが、日本人はむしろ、働きすぎる人が増えるとみています。そのため、まずは意識的に休息を取るようにしましょう。また、仕事の予定を詰めすぎないことも重要。私の場合、共有しているスケジュールに予定をどんどん入れられないようにしています。ちなみに、会社で導入しているリモートデスクトップシステムは、22時を過ぎるとアクセスできなくなります。ひとえに深夜業務を防ぐためのもので、こうした設定を活用しつつ、超過勤務を防ぐといいでしょう」

「テレワークは働きすぎに要注意!」

成瀬岳人さん

パーソルプロセス&テクノロジー
ワークスイッチコンサルティング
ゼネラルマネージャー
成瀬岳人さん
2010年からテレワークに関する先行研究を進め、2015年に総務省が開始した「テレワークのモデル実証事業」に専門家として参加。以降、ワークスイッチ=働き方の転換をメッセージとして発信しながら、企業の働き方改革支援に関する活動を行なっている。

 テレワークに関するアンケート

テレワークに関するアンケート(ペーパーロジック調べ)では、コミュニケーション、承認や決裁、Wi-FiやPCといった課題が挙げられている。このような結果をふまえ、本特集ではコミュニケーションの難しさを解決するWeb会議などのツール、承認や決裁などに関する企業システム、Wi-FiやPCなどのガジェットを取り上げていく。

取材・文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。