人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の困難な状況下で懐メロが大人気!Spotifyで再生回数が急増した楽曲ランキング

2020.04.16

依然として続く、新型コロナウイルスの世界的感染拡大。厳しい状況に引き続き対処していかねばならない中で、Spotifyリスナーは懐かしさを求めていることがSpotify上の聴取データから判明した。

4月1日から7日の期間におけるSpotify上の聴取データによると、昔を思い出す、お気に入りの曲を集めた懐かしい(ノスタルジックな)プレイリストを作成するリスナーが、54%増加したことがわかった。また、50年代、60年代、70年代、80年代の音楽の聴取が増えていることも明らかに。

困難な状況下において、慣れ親しんだ音楽を聞くことで安らぎを得られる可能性があるのだろうか。

行動科学作家であり、『What Makes Your Brain Happy and Why You Should Do the Opposite』の著者である、David DiSalvo は「可能性はあります」と言う。DiSalvo は「懐かしい感情は、私たちにとってシンプルかつ、コントロールできていた生活を思い起こさせるのです」と述べた。

懐かしい音楽に関する聴取データ(調査対象期間4月1日-4月7日)

■特に再生回数が増加した各年代別の楽曲(4月1日から7日における再生回数と3月第1週の比較による)

1950年代:ビリー・ホリデー「Solitude」 74%増
1960年代:ザ・ビーチ・ボーイズ「In My Room」44%増
1970年代:バーブラ・ストライサンド「The Way We Were」 47%増
1980年代:Yazz「The Only Way Is Up」56%増
1990年代:スヌープ・ドッグ,2 パック「Me and My Homies」61%増
2000年代:パニック!アット・ザ・ディスコ「New Perspective」93%増

■最もユーザーのプレイリストに追加された各年代別の楽曲

1950年代:エルビス・プレスリー「Jailhouse Rock」
1960年代:エタ・ジェイムズ「At Last」
1970年代:Bill Withers「Ain’t No Sunshine」
1980年代:アーハ「Take on Me」
1990年代:Lou Bega「Mambo No. 5 (a Little Bit of...)」
2000年代:ブラック・アイド・ピーズ「I Gotta Feeling」
2010年代:Don Omar, Lucenzo「Danza Kuduro」

■世界のリスナーに期間中最も再生された年代別楽曲

1950年代:
・ポール・アンカ「Put Your Head on My Shoulder」
・チャック・ベリー「Johnny B. Goode」
・ジャニー・キャッシュ「I Walk the Line」
・エラ・フィッツジェラルド,ルイ・アームストロング「Dream A Little Dream Of Me」

1960年代:
・ザ・ビートルズ「Here Comes the Sun」
・ニーナ・シモン「Feeling Good」
・サム・クック「(What A) Wonderful World」
・マーヴィン・ゲイ,Tammi Terrell
「Ain’t No Mountain High Enough」
・Creedence Clearwater Revival「Fortunate Son」
・ヴァン・モリソン「Brown Eyed Girl」
・Dusty Springfield「Son Of A Preacher Man」

1970年代:
・クイーン「Don’t Stop Me Now」
・イーグルス「Hotel California - 2013 Remaster」
・レーナード・スキナード「Sweet Home Alabama」
・フリートウッド・マック「Dreams - 2004 Remaster」

1980年代:
・AC/DC「Back in Black」
・デヴィッド・ボウイ,クイーン「Under Pressure - Remastered」
・ボン・ジョヴィ「Livin’ On A Prayer」
・ユーリズミックス
「Sweet Dreams (Are Made of This) - Remastered」
・ホイットニー・ヒューストン
「Wanna Dance with Somebody (Who Loves Me)」
・シンディー・ローパー「Girls Just Want to Have Fun」

1990年代:
・オアシス「Wonderwall - Remastered」
・バックストリート・ボーイズ「I Want It That Way」
・ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
・スパイス・ガールズ「Wannabe」
・ブリトニー・スピアーズ「...Baby One More Time」
・TLC「No Scrubs」

2000年代:
・エミネム「Lose Yourself」
・トレイン「Hey, Soul Sister」
・ザ・キラーズ「Mr. Brightside」
・シャキーラ, ワイクリフ・ジョン「Hips Don’t Lie (feat. Wyclef Jean)」
・ビヨンセ「Halo」

■国内のリスナーに期間中最も再生された年代別楽曲

1960年代:ザ・ビートルズ「Here Comes The Sun」
1970年代:荒井由実「やさしさに包まれたなら」
1980年代:DREAMS COME TRUE「未来予想図Ⅱ」
1990年代:aiko「カブトムシ」
2000年代:Mr.Children「HANABI」

Spotifyは懐かしい時代を象徴するアーティストとしてシンディー・ローパーにその考えを聞いた。

リスナーに幸福だった時を思い起こさせる代表的なアーティストの一人、シンディー・ローパーの「Girls Just Want to Have Fun」 は4月1日から7日の間、2,300万回再生された。月間リスナー数が8,500万人を超えるシンディー・ローパーは、NY の自宅から懐かしい感情について考えを語った。

「アーティストは皆、自分たちの音楽が、癒しや、喜び、インスピレーションを与えることを望んでいます。私たちは、リスナーと繋がったり、自分ごとと感じてもらえるようなストーリーを伝えたり、泣いたり、笑ったり、踊ったり、そして喜びや癒しを感じてもらう為に音楽に取り組んでいます。私自身も、ある曲を聞くと、特定の瞬間に舞い戻ります。他の人たちと同じように私にも『人生のサウンドトラック』があります。ブロードウェイのキャストが収録した『The King & I (王様と私)』や『Funny Girl(ファニー・ガール)』を聞くと5歳頃に戻り、自分自身の声や音楽への愛を思い出すのです」

シンディー・ローパーは、この自粛期間にどう対応しているのだろうか?

「食べ過ぎているし、十分に運動もしていません。しかし、以前と同じとまではいきませんがボイストレーニングは欠かさず、パーソナルトレーニングも行なっています。友人と連絡を取り合い、州知事のアドバイスに従って、ウイルスの拡大を食い止めるために自分たちが取るべき行動をしています」

出典元:スポティファイジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。