人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やっぱり噂は本当だった!突如登場した第2世代「iPhone SE」は買いか否か?

2020.04.16

Appleは、第2世代のiPhone SEを発表した。新しいiPhoneは、4.7インチのRetina HDディスプレイと、業界最高レベルのセキュリティを誇るTouch IDを備えており、コンパクトなデザインで、全面的に刷新された最も求めやすいiPhoneとなっている。

新しいiPhone SEは、Appleが設計したスマートフォン史上最速のチップであるA13 Bionicにより最も要求の厳しい処理にも対応。

また、iPhone SEはiPhoneとしてこれまでで最高のシングルカメラシステムを搭載しているため、ポートレートモードのようなコンピュテーショナルフォトグラフィの利点を最大限に活用できる。さらに、耐水·防塵性能も備えている。

iPhone SEは、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの美しい3種類のカラーでお届け。4月17日から予約注文を開始し、価格は44,800円(税別)からとなる。

「第1世代のiPhone SEは、小さなサイズながらハイエンドなパフォーマンス、そしてお求めやすい価格というユニークな特長を兼ね備え、多くのお客様に愛され、人気となりました。第2世代の新しいiPhone SEにもその優れたアイディアは受け継がれ、美しい写真やビデオを生み出す最高のシングルカメラシステムなど、あらゆる面で進歩していながら、お求めやすさは変わりません。

また、iPhone SEは業界最高パフォーマンスのA13 Bionicチップを備えており、優れたバッテリー駆動時間、ポートレートモードやスマートHDRによる目を見張るほど美しい写真、ステレオで録画できる素晴らしいビデオ、ゲームプレイや超高速のネットサーフィン、お客様の期待に応える業界最高レベルのセキュリティを備えています。iPhone SEをお客様にお届けするのを心待ちにしています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラー氏は述べている。

人気のデザインが4.7インチのディスプレイで再登場

iPhone SEは航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムと、前面を黒で統一した耐久性の高いガラスを使ったデザインを特長としている。

仕上げはブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3種類を用意。ガラス仕上げの背面は、中央にAppleのロゴがあり、7層のカラープロセスを使って正確な色調と不透明度を実現し、アルミニウム製のフレームに合わせた深みのある色を生み出している。また、最大水深1メートルで最大30分間というIP67等級の耐水性能と防塵性能も備えている。

True Toneテクノロジーを採用した4.7インチRetina HDディスプレイはホワイトバランスを周囲の光に合わせて調整し、より自然でまるで紙を見ているような視覚体験を実現。Retina HDディスプレイの鮮やかな広色域は業界最高レベルの色の正確さを提供し、Dolby VisionとHDR10コンテンツの再生に対応している。

iPhone SEではLive Photosを動かす、メッセージをプレビューする、アプリケーションを並べ替えるなどのほか、コンテキストメニューなどのクイックアクションに触覚タッチを利用できる。

また、iPhone SEは耐久性を高めてセンサーを保護するためのサファイアクリスタルと、Touch IDでユーザーの指紋を検出するスチール製のリングで構成された、おなじみのホームボタンを搭載。

iPhoneのロックを解除する、iCloudキーチェーンを使ってパスワードを入力する、アプリケーションにログインする、App Storeでの購入を認証する、Apple Payで支払いをするといった場合に、Touch IDはパスコードを入力するより簡単に、プライバシーに配慮してかつ安全に行なえる。

A13 Bionic — スマートフォン史上最速のチップ

iPhone 11とiPhone 11 Proで登場したA13 Bionicはこれまでのスマートフォンで最速のチップで、iPhone SEが毎日繰り返し行う様々な処理に比類のないパフォーマンスを発揮。写真、ゲーム、拡張現実体験に最適で、A13 Bionicによりすべての操作をなめらかに行なえる。

A13 Bionicは機械学習に適した設計となっており、毎秒5兆の演算処理を実行できる専用の8コアNeural Engine、2つの機械学習アクセラレータを備えたCPU、さらにパフォーマンスと効率のバランスを取る新しい機械学習コントローラを搭載。

A13 BionicとiOS 13が組み合わさることで、機械学習やCore MLを利用する新しい知的で高性能なアプリケーションを利用可能にする。

効率を重視した設計のA13 BionicはiPhone SEのバッテリー駆動時間もさらに長くする。iPhone SEはQi規格の充電器を使ったワイヤレス充電と高速充電にも対応し、わずか30分間で最大50パーセントまで充電することが可能。

Wi-Fi 6やギガビット級LTEを利用すれば、圧倒的な速さのダウンロード速度も実現。eSIM対応のデュアルSIMにより、海外旅行中やビジネス用の回線として1台のデバイスで別々の2つの電話番号を柔軟に使い分けることができる。

A13 Bionicが実現する新しいカメラ体験

iPhone SEには、f/1.8絞り値、12MP広角カメラを備えたiPhoneで最高のシングルカメラシステムを搭載。画像信号プロセッサとA13 BionicのNeural Engineを活用し、ポートレートモード、6種類すべてのポートレートライティングのエフェクト、深度コントロールなどにより、コンピュテーショナルフォトグラフィの利点を最大限に活用できる。

iPhone SEでは、機械学習と単眼深度推定を利用して前面カメラでも魅力的なポートレートを撮影できるほか、次世代のスマートHDRにより、フレーム内の被写体に当たる光をインテリジェントに補正し、美しいハイライトとシャドウの細部を捉えて、より自然に見える画像を生み出すことができる。

ステレオでの録画と、前面と背面、両方のカメラに映画レベルのビデオ手ぶれ補正が採用され、ビデオはさらに臨場感あふれるものになる。背面カメラは最大60fpsの高画質4Kビデオ撮影に対応し、iPhone SEの拡張ダイナミックレンジは最大30fpsまで明部の細部を写し出す。さらに前面と背面のカメラでQuickTakeビデオ機能を使うと、写真モードのままビデオの録画ができる。

iOS 13のカメラアプリケーションと写真アプリケーションの高度な機能を使って、これまでは写真の編集にしか利用できなかったパワフルなツールで、より幅広くかつ直感的に直接編集ができるようになる。

 

iPhone SEに搭載されているiPhoneで最高のシングルカメラシステムでは、背面カメラで最大60fpsの高画質4Kビデオを撮影でき、前面と背面、両方のカメラに映画レベルのビデオ手ぶれ補正とスタジオレベルのオーディオ録音機能が採用されている。

Appleの世界があなたの手に

iPhone SEはAppleが提供する製品、サービス、アクセサリのエコシステムにも対応。iPhone SEのユーザーは、サードパーティの優れたアプリケーションやAR体験などを含め、App Storeにある200万近いアプリケーションを活用できる。

また、Apple Newsで今世界で起きている出来事の最新情報を入手し、Apple TV+で世界で最も想像力の豊かな才能たちがお届けするオリジナルシリーズ、映画、ドキュメンタリーを視聴し、Apple Musicが提供する6,000万曲の中からお気に入りのアーティストの曲をストリーミングで楽しみ、Apple Payで安全かつプライバシーを保護しながら買い物をすることもできる。

写真やファイル、連絡先をiCloudに保存すれば、すべてのAppleデバイス上からコンテンツにアクセスできるようになる。Lightningコネクタを備えたiPhone SEは、カメラアクセサリや、オーディオ製品とスピーカー、ドック、CarPlayなど、25,000点以上のLightning対応アクセサリにも対応している。

iPhone SEにも業界最先端のセキュリティ機能が組み込まれている。これにより、ユーザーのプライバシーを保護し、自身の情報を管理できるようになっている。たとえば、Touch IDとSecure Enclaveは指紋データを保護し、Safariのインテリジェント·トラッキング防止機能はサイトを越えて広告主が追跡することを防ぐのに役立ち、写真アプリケーションは機械学習を利用してデバイス上の写真を整理するといったことが可能になっている。

iOS 13を搭載したiPhone SEはほかのスマートフォンにはない、ソフトウェアとハードウェアが統合されたシームレスな体験を実現。iOS 13はドラマチックな外観のダークモード、アプリケーションやウェブサイトにサインインする際のプライバシー保護が強化された「Appleでサインイン」、ナビゲーションがより高速に、正確になって生まれ変わったマップを搭載している。マップではLook Around機能で街並みを美しい画像で表示することも可能だ。

価格と販売については、iPhone SEは64GB、128GB、256GBのモデルが、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDのカラーで用意され、価格は44,800円(税別)から。また、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、そしてApple直営店から下取り後の価格31,164円(税別)でiPhone SEが購入できる。

iPhone SEはApple製品取り扱い販売店および特定のキャリアからも購入可能(発売開始日、価格は販売店により異なる)。

iPhone SEは、4月17日(金)午後9時よりapple.com/jpおよびApple Storeアプリケーションで予約注文が可能となり、4月24日(金)より日本、米国および40以上の国と地域で出荷開始される。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。