人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

データからも見て取れる「3月の3連休の緩み」、都道府県間の移動者数はどう変化した?

2020.04.15

新型コロナへの危機感が日ごと高まっていった3月。都道府県ごとの人口移動者の推移にはどのような変化を見せていたのだろうか?

そこで今回、iPhone向けライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供す企業「レイ・フロンティア」による人口動態の調査・分析の結果を紹介していきたい。

データ上からも見受けられた、3連休の“緩み”

5週間の各都道府県の移動者数について調査が行われた。以下に、期間中に移動が多かったTOP20都道府県を表示する。

日本交通公社 旅行年報2018(※1)によると、移動者数上位にある東京、京都、神奈川、滋賀、三重は、この時期に限らず日頃から移動が多い地域であることが確認できた。

(※1)日本交通公社 旅行年報2018
https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2018/10/nenpo2018_1-2.pdf

続いて移動者数が多かった都道府県TOP20のうち上位10エリアの流出移動者数、流入移動者数を週ごとに確認。移動者数を都道府県人口で割り、各都道府県最も高い数値を100とした。

3月16日~3月22日の週に最も移動者数が増加していることがわかる。ここは春分の日を含む3連休(3月20~3月22日)のあった週で、COVID-19に対する気の緩みが一部の報道で指摘されていた。データより連休中の一定数の移動が確認でき、外出自粛が呼びかけられていたが、帰省や旅行へ出かけていた可能性も考えられる。

<調査内容>
■エリア:全国
■日付:2020年3月2日(月)~2020年4月5日(日)
■調査元:SilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの
■都道府県別人口参照元
統計局ホームページ
https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

出典元:レイ・フロンティア株式会社
https://www.rei-frontier.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。