人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークでも使える「Googleスプレッドシート」の便利な活用法

2020.05.06

テレワークで、その利便性を思い知らされるのが「Googleスプレッドシート」だ。使ったことがないという人は、この在宅勤務中にぜひ使い方を習得して、テレワークに導入してみよう。

Googleスプレッドシートの便利な使い方

スマホやPCでデータの閲覧や編集ができるGoogleスプレッドシートを仲間と共有する方法

Googleのサービス「スプレッドシート」は、クラウド上で編集・閲覧できる表計算ソフトです。インターネットに繋がっているスマホやPCならば、いつでもどこからでも操作可能。共有方法もいたって簡単なため、複数人でデータの閲覧・編集ができます。しかし、久しぶりに利用したり、初めて使う人にとって共有の方法がわからないかもしれません。そこで今回は、Googleスプレッドシートの基本的な使い方である、共有方法を見ていきましょう。

【参考】https://dime.jp/genre/830908/

 

コツをつかめば一気に作業効率がアップ!初心者でもわかるGoogleスプレッドシートの使い方

エクセルなどの表計算ソフトを利用している人は、Googleのスプレッドシートを利用すればもっと効率的に業務を遂行できるかもしれません! というのも、スプレッドシートはクラウド上に保存されているため、複数人で同時に情報を更新できるからです。例えば、業務の進行情報などを共有したい時、スプレッドシートに情報を更新すれば、部署内の業務進捗具合がリアルタイムでわかります。このように業務をより円滑に進めたい時、スプレッドシートの存在は大いに役立つ可能性があります。そこで今回は、そんなスプレッドシートの使い方を、初心者の人でもわかりやすいよう、丁寧に紹介していきます。

【参考】https://dime.jp/genre/810667/

写真、マップ、各種ファイル、他のユーザーと共有できるGoogleサービスの活用法

80億人に達しようとしている世界人口。その内、約4分の1の人々がGoogleアカウントのアクティブユーザーといわれています。つまり約20億人が、ほぼ毎日Googleアカウントにログインし、何かしらのGoogleのサービスを受けているということ。それほど多くの人々が日常的に利用しているGoogleのサービスの中で、“共有”できるものはあるのでしょうか?

【参考】https://dime.jp/genre/836636/

文/DIME編集部

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。