人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

同じ姿勢を続けることが原因!?スマホなどのデジタル依存と冷え性の意外な関連性

2020.04.15

“デジタル依存”と「冷え性」の意外な関係性

SNS、アプリゲーム、メール…気がつけばスマホに触れている現代人。近年、デジタル機器の使い過ぎなどが招く“デジタル依存”が深刻化している。

養命酒製造がビジネスパーソンの“デジタル依存”やそれによる影響の実態を探ったところ、全回答者(1,000名)に、≪自分は“デジタル依存”だと感じる≫か聞いたところ、『あてはまる(計)』(「非常にあてはまる」「ややあてはまる」の合計、以下同じ)は49.0%となっている。

性年代別にみると、自分はデジタル依存だと感じている人の割合は20代女性(66.4%)が最も高くなっている。

自分がデジタル依存だと感じている人の割合を、スマートフォンの保有状況別にみると、スマートフォンを複数台持っている人では63.7%、複数台持っていない人では46.9%と、複数台持っている人のほうが高くなった。スマートフォンの保有台数が多い人は、通知などに対応する機会が増えて、スマートフォンへの依存度が高まってしまうと考えられる。

また、SNSの利用状況別にみると、SNSを利用している人では57.3%、利用していない人では32.5%と、SNS利用者のほうが高くなった。“いいね”やコメントが気になり、デジタル機器が手放せなくなっているのではないだろうか。

全回答者(1,000名)に、現在の体調について質問した。

まず、≪目や肩などの血行不良を感じる≫か聞いたところ、『あてはまる(計)』は59.7%となった。

目や肩などの血行不良を感じている人の割合を、デジタル依存の自覚状況別にみると、デジタル依存の自覚がある人では72.4%、自覚がない人では47.5%と、自覚がある人のほうが24.9ポイント高くなった。

スマートフォンやパソコンを長時間操作していると、うつむいたままの姿勢が続き、首や肩、腰などの血行が停滞する原因になると考えられる。“デジ依存”の自覚がある人の大半が“血行不良”に陥っているようだ。

全回答者(1,000名)に、≪疲れやすいと感じる≫か聞いたところ、『あてはまる(計)』は72.4%となった。

デジタル依存の自覚があり、血行不良を感じている人(355名)についてみると、疲れやすいと感じている人の割合は92.9%。“デジ依存&血行不良さん”の大多数が疲れやすさを感じているようだ。

また、≪自分は“冷え症”だと感じる≫か聞いたところ、『あてはまる(計)』は56.2%となった。

デジタル依存の自覚があり、血行不良を感じている人(355名)についてみると、自分は冷え症だと感じている人の割合は69.8%。“デジ依存&血行不良さん”の大半が体の冷えを感じているようだ。

デジタル依存の自覚がある人は血行不良を感じている人が多く、さらに、デジタル依存の自覚があり、血行不良を感じている人は“冷え症”だと自覚している人が多い。

日本のビジネスパーソンは、厳冬期の体の冷えと、デジタル依存等の悪影響として生じる“デジタル冷え”の両方に注意を払う必要があるのではないだろうか。

※今回、養命酒製造株式会社は、ビジネスパーソンの「デジ依存」と「デジ冷え」というテーマで、インターネット調査を2019年12月17日~12月18日の2日間で行い、全国の20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名の有効回答を回収した。(調査協力会社:ネットエイジア)

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。