小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いよいよ4月よりスタートした「同一労働同一賃金」制度で社員と非社員の格差は本当に是正されるのか?

2020.04.18

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金

 同一労働同一賃金とは、同一の仕事に従事する者には同一の賃金が支払われるべきという考え方や制度のこと。今年4月より義務化され、同一の企業・団体における正規雇用(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)との間で、不合理な待遇差が許されなくなる。

 待遇には、基本給・昇給・ボーナス・各種手当といった賃金にとどまらず、教育訓練や福利厚生も含まれる。正社員を中心とした今までの日本の企業風土は、大きな転換点を迎える可能性が高い。

 制度の導入で課題となるのが、待遇差が不合理なものか合理的なものかを決める基準だ。職務内容をはじめとする客観的・具体的な実態などに照らし合わせて判断することになるのだが、厚労省からガイドラインが提示されているものの、未だに不明瞭な点は多い。

 検討事項は多く、実施が目前に迫っているが、多くの企業が対応や方針を決められない状況にある。本来、非正規雇用の待遇を正規雇用に合わせるべきであるが、会社の体力や方針によっては正規雇用の待遇が低下する可能性も。そのあたりのバランスの取り方も、企業側は考えなければならない。

 制度の導入で、手当や福利厚生の待遇差は少なくなるだろう。ただし残業や休日出勤、転勤を含む異動の範囲が正規と非正規で異なることから、賞与や昇給などの差は残りそうだ。

同一労働同一賃金

厚生労働省では同一労働同一賃金に関するガイドラインを、Webサイトで公開中。今年4月の制度化に当たり、目を通しておく必要があるだろう。

「同一労働同一賃金」導入後の基本給に関する見込み(n=293)

「同一労働同一賃金」導入後の基本給に関する見込み

「同一労働同一賃金」導入後の退職金に関する見込み(n=281)

「同一労働同一賃金」導入後の退職金に関する見込み

制度の導入で多くの企業が非正社員の基本給を上げると回答。しかし退職金は引き続き支給しないとの回答も多かった(アデコ調べ)。

取材・文/近江直樹

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。