小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

花粉の飛散は今週一杯でピーク越え、4月中にシーズン終了か

2020.04.13

今年は記録的な暖冬の影響で、開始・ピーク到来が早かったとされる花粉の飛散。

今回、株式会社ウェザーニューズにより発表された「第五回花粉飛散傾向」によると、花粉飛散のピークが今週(4月13日の週)いっぱいで、4月中に「花粉シーズン」が終了することが明らかになった。

現在の飛散状況:九州~関東はヒノキ花粉の飛散ピーク終盤、東北はスギ花粉が中心

現在、西日本や東海、関東はスギ花粉の飛散がほぼ終了し、ヒノキ花粉が飛散している。九州から関東ではヒノキ花粉のピーク終盤で、いよいよ花粉シーズン終了間近。

北陸や長野県ではスギ花粉に代わってヒノキ花粉が飛び始めており、東北ではスギ花粉の飛散ピークとなっている。

なお、北陸や東北で春に飛散するのは主にスギ花粉で、ヒノキ花粉は元々少ない傾向にある。一方、北海道ではまだシラカバ花粉の飛散が始まっていない。

今後の飛散予想:来週いっぱいで花粉ピーク越え!4月中に花粉シーズン終了へ

今後、九州から東北における花粉の飛散量は徐々に減少し、平年より早く、来週いっぱいでピークを越えるとみられている。その後、4月末までにはほとんどのエリアで花粉の飛散が終息する見込み。

これから花粉シーズンを迎える北海道では、4月下旬に道南や道央の一部でシラカバ花粉が飛び始める。GW中に飛散のピークを迎え、昨年より多く飛散する予想のため、いつもより早めに対策をしておくと安心だ。

飛散時期:暖冬の影響で飛散開始・ピーク到来が早く、花粉症の発症も早かった

今シーズンの花粉飛散は、記録的な暖冬の影響で飛散開始やピークの到来が早かったことが特徴。

2月初めに関東や東海、九州でスギ花粉の飛散が始まり、2月中旬にかけて飛散エリアが拡大した。2月中旬以降、15℃を上回る日が増えたことで本格的な飛散が始まり、スギ花粉の飛散ピークに突入した。

西・東日本のスギ花粉の飛散は、3月末には終息に向かい、現在はヒノキ花粉が多く飛散している。

東北北部でも 2月下旬にはスギ花粉の飛散が始まり、現在も本格的な飛散が続いている。2月・3月ともに平均気温が平年を上回った影響で、平年より1週間~10日程度早くスギ花粉の飛散ピークを迎えたところが多くなった。

飛散の早さによる花粉症の発症時期への影響を調べるため、スマホアプリ「ウェザーニュース」で調査(※)が実施されたところ、花粉症の方の約半数が、「今年は発症が早かった」と感じていることがわかった。特に関東甲信や北陸、東北では早いと感じた方が多かったようだ。

※調査:スマホアプリ「ウェザーニュース」にて「今年の花粉症、症状が出た時期はどう?」と質問し(選択肢:“早かった”“例年通り”“遅かった”“花粉症ではない”)、“花粉症ではない”の回答を除いて集計。調査期間:2020年3月30日~3月31日、回答数:6,364

飛散量:ほぼ全国的に少なく、昨年の4割程度に!花粉症の症状も軽い傾向

ウェザーニューズ独自の花粉観測機「ポールンロボ」による花粉観測によると、3月末までの全国の花粉飛散量は、昨年の4割程度に留まった。

昨年夏が花粉の雄花の生長に適した天候条件だった東北北部では、昨年並~多い結果となったものの、九州~東北南部では昨年よりやや少ない~少ない結果となっている。

これは、昨年夏の日照時間が西・東日本を中心に平年を下回り、花粉の雄花の生育にやや不向きな条件であったためと考えられる。

特に東海以西では昨年春の大量飛散の反動から、昨年の半分以下の飛散量となったところが多くなった。

花粉症の症状のつらさはどうだったのか、スマホアプリ「ウェザーニュース」のユーザーから寄せられる症状報告を分析した。

その結果、症状がつらいと感じている方の割合は、昨年より5~9ポイント減少しており、今年は昨年よりも症状が軽い傾向だったことがわかった。

特に東海や九州北部では、昨年との違いが顕著。今年は飛散量が昨年よりも少なかったため、症状も軽い傾向となったと考えられる。

※花粉数の累計:花粉観測機「ポールンロボ」の観測した花粉数を集計。東京では 2/12 に花粉飛散が本格化した。
※症状がつらい人の割合:スマホアプリ「ウェザーニュース」の『花粉 Ch.』に 2020 年 2 月 1 日〜3 月 31 日までに花粉症のユーザーから寄せられた症状報告(のべ 54,408 通)のうち、“非常につらい”“つらい”の回答を合計し、割合で表示

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。