人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ禍が働く女性の意識に影響?企業に依存しない生き方を検討し始めた女性が増加

2020.04.11

新型コロナウイルスの感染拡大による現在の社会的混乱は、働く女性たちのキャリア、転職、副業に関する意識に、いったい、どのような影響を与えているのだろうか?

そこで今回、20代~50代の働く女性を対象にした「新型コロナによる働き方への影響調査」が行われたので、その結果を紹介していきたい。

なお本調査は、3月27日~3月31日の期間、女性のためのキャリア&ライフコーチングスクール「SHElikes」を主要事業として展開するSHE株式会社により実施された。

(1)経済面に関する目先の不安が増えたという声が多数、収入が減った職種も

新型コロナによる影響から「経済面に関する目先の不安が増えた」と答えた女性は75%。また、16%は収入が「減った」と回答した。

また、自由回答では、様々な職種から不安の声が寄せられた。

・サロン業務のため、イタリアのように外出禁止になった場合、お店の廃業の可能性もある。
・外資系航空会社なので、このまま長い間フライトが復活しなければ解雇もあり得ると思う。
・外出規制などになって収入が全くなくなってしまったら、予定していた支払いなどの見通しが立ちにくくて不安。
・担当するイベント、展覧会が軒並みキャンセルされ見通しが立たない。
・いつクビにされるか不安です。また患者さんと触れ合うことで、感染リスクが上がるので、ITやテレワークができる仕事が羨ましく思います。
・派遣の時給なので、就業先に行かないとお給料が発生しないため、会社で・全面テレワークやロックダウンをされると収入がなくなります。
・今の会社の体質の古さ(コロナでもめげずに出勤させる風潮)に不信感を抱き、今の会社のままでは自分を蝕んでいくように感じた。

(2)キャリアの考え方に新しい変化。「企業に依存しない生き方を模索したい」

キャリアへの価値観の変化としては、調査対象者の7割が正社員という雇用形態にも関わらず、「大企業に属している方が安心だと思った」に対して「企業に依存しない生き方を身につけたいと思った」という選択肢に約2倍の人々が「非常にそう思う」と回答。

また、約9割(89.1%)もの女性が、「今後の中期的な生き方やキャリアを考え直したい」と答え、自由回答では「これまでの常識が一気に変わる」など、未曾有な事態をどのように捉えていくかに言及されているものが目立った。

・どんな職業がこれから先、必要とされていくのかということが気になった。リモートワーク含めどんな働き方がよいのか考えるきっかけになった。
・これまでの常識がガラッと変わるはずだが、それがどうキャリアに影響してくるのか考えなければならないと思った。
・コロナウイルスの影響で新しい働き方改革が一気に進み、余計に自分の働き方について考えるようになった。社会にとらわれず、自分の生き方を楽しみたい!
・世の中の景気の影響というものを考えたり、自分の収入とのつながりというのを感じたことがなかったが、今回初めて世の中の変化と自身の仕事のつながりを感じた。
・柔軟な働き方を推進できる、今後変わりゆく社会に適応力のある組織で働きたいと思った。お金を稼ぐための仕事ではなく、自己実現や人生を楽しむために働く生き方をしたいと思った。

昨今の社会情勢が今後のキャリア形成に大きな転換期をもたらしており、来るべき産業構造の移り変わりをふまえて自身の仕事、ひいては生き方について考え直す姿勢がうかがえる。

(3)リモートワークが可能な職種や副業への興味が増加

では、具体的にどのような働き方が着目されているのだろうか。

新型コロナの影響により新しく興味・関心が湧いた内容としては、「リモートワークできる職種」「スキルアップ」「自給自足」「投資、不動産などの不労所得」「政治への意識」など多岐に渡り、なかでも82%が「副業を始めたくなった」と回答した。

副業の意向が高まった理由としては、「フリーランスを目指していたが独立が怖くなった」という考えと、一方で「企業に属していても災害は想定できず安心できない」という2つの懸念から、「本業に加えて、不測な事態に影響を受けない仕事とで複数の収入源にしたい」「副業をするのであれば、本業がだめになった場合に影響のない分野のスキルを持っておくことが安心だと感じた」など、複数軸でのキャリア計画を検討する考え方が増加していることが伺える。

(4)不安の中、自己投資/スキルアップへの意志が強まっている

刻一刻と様相が変わる日々のなかで85%が「今回のコロナウイルスによる影響を踏まえて、転職、あるいは個人のキャリアアップ・スキルアップの意向が高まった」と回答した。

また、新しく興味・関心が湧いたこととして「自己投資の時間を増やしたい」が1位に。このことから、先が見えない漠然とした不安の中でも、外出自粛などから派生した「今」しかない時間をスキルアップや自己学習に充てる意志が強く見られた。

・自分の人生に責任を持つ、という覚悟がなかったと痛感しました。あれがしたい、これがしたいと漠然と思うばかりで、できない理由ばかりを考えていたと思います。
・叶えたいことがあるので、それと向き合ういい時間になっている。
・何か不測の事態があっても可能性を選択できるようにスキルアップしたい。
・自分の業界の安定を再認識できた。自己学習の機会を増やして内勤業務で新しい挑戦がしたい。
・いつかは、ではなく、いつまでもだらだらと学んでるのではなく、今しっかり集中して何か手に職をつけたい。
・いざという時のための自分の強みをもっとしっかり作っていきたい。

<調査概要>
調査対象:20~40代の働く女性
【雇用形態内訳:正社員・職員 72.8%/ 派遣・嘱託・契約社員 13.0%/ パート・アルバイト 5.9% / 自営業 5.5% / その他2.8%】
調査期間:2020年3月27日(金)~3月31日(火)
回答者数:N=184
調査内容分析:株式会社SHE

出典元:SHE株式会社
https://she-inc.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。