人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

評価の平準化は難しい?企業の人事管理者の9割が「人事評価業務を負担に感じたことがある」

2020.04.10

評価の平準化が困難?人事評価業務の負担に関する調査

あしたのチームが、全国の従業員数300人以上5,000人未満で人事評価制度を導入している企業の人事管理者に「人事評価業務の負担に関するインターネット調査」を実施したところ、89.3%が人事評価業務について“負担である”と感じていることが判明した。

負担に感じた項目は「何を目標に設定すればいいかわかりにくい」56.3%で最も高くなっており、また、人事管理者の79.0%が、「人事評価のシステム化・クラウド化」をすることが人事評価業務の負担改善に有効と回答している。

あなたはこれまでに人事評価の運用において面倒、手間、負担、楽にしたいと感じたことはありますか。(単数回答) n=300 人事管理者 n=100、被評価者n=100、評価者n=100

人事評価の運用を“面倒、手間、負担、楽にしたい”と感じたことがあるかに関して聞いた結果、「一度もない」と回答した人を除き、89.3%が負担に感じたことがあると回答している。特に、人事管理者の100.0%、評価者の97.0%が負担に感じたことがあると回答した。

 人事評価制度の運用ツールは?

人事評価制度の運用ツールに関して、最も回答割合が多いのは「Excelなどの一般的なソフトウェア」31.3%。次いで「自社で作成した専用システム」25.7%、いわゆる人事評価クラウドシステムである「WEBアプリ等のクラウドシステム」23.0%、「紙ベースの評価シート(外部専門会社提供、自社作成を問わず)」20.0%という結果となった。

概要

1.調査の方法:インターネット調査

2.調査対象者:全国の従業員数300人以上5,000人未満で人事評価制度を導入している企業の人事管理者(人事の取りまとめ業務を行う役職者・人事業務担当者)、評価者(部下の人事評価をすることがある役職者)、被評価者(上記に該当しない一般社員)、20歳~59歳の男女、正社員

3.有効回答数:300人(人事管理者:100人、評価者:100人、被評価者:100人)

4.調査実施日:2019年11月11日(月)

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。