人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ感染拡大で初診も検討段階へ、注目されるオンライン診療の課題

2020.04.07

新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、急ピッチで行われている医療体制の整備。

そんな中、パソコンやスマートフォンのビデオ通話機能を使う『オンライン診療』に対する注目が高まっている。

新型コロナの感染拡大で『オンライン診療』の注目が高まる

『オンライン診療』は2018年度に保険適用された。ただ、対象疾患が生活習慣病などに限られ、『オンライン診療』を受ける前に同じ医師による6カ月以上(4月から3カ月以上に緩和)の対面診療が必要など要件が厳しいことなどから、これまで導入が広がってこなかった。

こうした中、新型コロナウイルスの感染が世界各地で急拡大し、国内でも感染爆発が現実になる事態を想定し、医師にアクセスしやすい環境をつくる重要性が高まっている。このためパソコンやスマートフォンのビデオ通話機能を使う『オンライン診療』の注目が高まっている。

厚労省は『オンライン診療』の規制を緩和

厚生労働省は3月19日、「臨時的・特例的な取り扱い」として、自宅療養する新型コロナウイルス感染症軽症者へのビデオ通話による『オンライン診療』の保険適用を特例的に認めると通知した。薬も処方できる。

医療機関を受診した患者が、別の患者から感染するリスクを減らす狙いがある。『オンライン診療』はこれまで、生活習慣病など慢性疾患のみが対象だった。

ただ、今回の特例措置でも、新型コロナウイルスへの感染の有無を最初に診断するのは対面診療で『オンライン診療』では初診には使えない。

『オンライン診療』の導入加速による医療の効率化に期待

加藤勝信厚生労働相は3月31日の経済財政諮問会議で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、『オンライン診療』を初診から認める検討に入ると表明した。

感染の拡大に備え、『オンライン診療』を初診から認めることで患者や医療従事者の院内感染を減らす狙いなどがある。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、『オンライン診療』の規制緩和を一段と進め、医師と患者の双方が使いやすい仕組みに変わり、導入が加速して医療の効率化につながることが期待される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。