人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

合格するために必要なものは?医学部に合格した人としなかった人の明確な違い

2020.04.08

医学部に合格するためには何が必要なのか?

医学部」は他学部と比べ倍率が高いため、必然的にハイレベルな受験争いになる。

それでは、医学部受験をした人たちは合格するためにどのような過ごし方をしていたのか。そもそも、なぜ医学部を選んだのか?

今回はPMD医学部専門予備校を運営するアクトが医学部受験経験者1,054人に聞いた「医学部の受験に関するアンケート調査結果」を紹介しよう。

まず、「医学部を受験したきっかけを教えてください」と質問したところ、「人を救う仕事への興味があった」(43.6%)という回答が最も多く、次いで「身近な人が医療関係者だったから」(27.7%)、「将来的に安定していると思ったから」(20.7%)、「医療ドラマや漫画に憧れて」(7.0%)と続く。

医療の道を志す人は、人を救うことに関して強い興味を持ったことがきっかけとなるようだ。また、身近な人が医療関係者だったことから医療に触れる機会が多く、その仕事に対するやりがいや意義といったものを早いうちから意識していた人も多いのだろう。

合格するために受験生が気をつけるべき家での過ごし方

次に、「医学部受験の際、家にいる時間で特に心がけていたことを教えてください」と質問したところ、「勉強のスケジュール管理」(27.2%)という回答が最も多く、次いで「睡眠時間」(26.0%)、「メンタルコントロール」(21.6%)、「食生活」(13.9%)などが挙がった。

勉強のスケジュール管理や睡眠時間は、医学部だけではなく他学部の受験生にも同じことがいえるのではないだろうか。ここで注目したいのは、「メンタルコントロール」と回答した人がいたこと。

医学部受験に勝ち抜くためには、途中で挫折しないようメンタルコントロールを行っていたという人も多いようだ。

「受験シーズンに入ってから、家族との関係に変化はありましたか?」と質問したところ、半数以上の方が「はい」(54.3%)と回答した。

では、具体的にどのような変化があったか詳しく聞いてみた。

しっかりと家族からのサポートや気遣いを感じている人もいれば、逆に負担をかけてしまったとナーバスになる人もいるようだ。

家族関係で良かった変化を見てみると、多くの家族は受験生の勉強がはかどるような環境を作っていることがわかる。医学部に限らず、受験生を持つ保護者は心がけたほうがいいだろう。

「医学部の受験」に関するアンケート調査
調査期間: 2019年12月7日(土)~ 2019年12月10日(火)
調査方法: インターネット調査
調査人数: 1,054人
調査対象: 医学部受験経験者
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。